Product Details Portlet

形G9EJ-1-E DCパワーリレー

接点定格DC400V 15Aを可能とした 小型DCパワーリレー

  • 高効率磁気回路によるアーク磁気消弧機能を搭載し、高容量の遮断を実現。
  • 独自の接点駆動方式により、耐突入性を向上し、
    プリチャージ用途での高寿命化にも対応。
  • 消費電力低減を実現。
  • 質量 約45gの小型・軽量タイプ。
RoHS適合
本ページは製品カタログからの抜粋した情報を記載しています。その他の製品情報はデータシート他各種データをご覧ください。
(納期についてはお取引き商社にお問い合わせください。)
種類
端子形状 極数
接点構成
コイル定格電圧 形式 最小梱包単位(個)
コイル端子 接点端子
開閉・通電タイプ タブ端子
#250
タブ端子
#250
1a DC 12V 形G9EJ-1-E-UVD 10個
DC 24V
プリント基板用端子 プリント基板用端子 DC 12V 形G9EJ-1-P-E-UVD
DC 24V
■定格
●操作コイル

定格電圧(V)
項目
定格
電流
(mA)
コイル
抵抗
(Ω)
動作電圧
(V)
復帰電圧
(V)
最大許容
電圧
(V)
消費
電力
(W)
DC 12 100 120 定格電圧の60%以下 定格電圧の5%以上 定格電圧の130%
(at23℃ 10分以内)
約1.2
24 50 480
注1.定格電流、コイル抵抗は、コイル温度が+23℃に置ける値で、交差は±10%です。
注2.動作特性は、コイル温度が+23℃における値です。
注3.最大許容電圧は、リレーコイルに印加できる電圧の最大値です。

●開閉部
項目 抵抗負荷
定格負荷 DC400V 15A
定格通電電流 15A
接点電圧の最大値(開閉) 400V
接点電流の最大値(開閉) 15A

■性能


項目
形式
形G9EJ-1(-P)-E-UVD
接触抵抗 *1 100mΩ以下
接点電圧降下 0.2V以下(15A通電時)
動作時間 *2 50ms以下
復帰時間 *2 30ms以下
絶縁抵抗 *3 コイル-接点間 1,000MΩ以上
同極接点間 1,000MΩ以上
耐電圧 コイル-接点間 AC2,500V 1分間
同極接点間 AC2,500V 1分間
耐衝撃電圧 *4 4,500V
耐振動 耐久 10~55~10Hz 片振幅0.75mm(加速度:2.94~88.9m/s2
誤動作 10~55~10Hz 片振幅0.75mm(加速度:2.94~88.9m/s2
耐衝撃 耐久 490m/s2
誤動作 励磁 490m/s2
無励磁 98m/s2
機械的耐久性 *5 20万回以上
電気的耐久性(抵抗負荷) *6 DC400V 15A 10,000回以上
電気的耐久性(コンデンサ負荷) *6 DC400V 25A 100,000回以上
短時間通電電流 30A(20秒)
過負荷開閉 DC400V 30A(100回以上)
最大しゃ断電流 DC400V 50A(5回)
逆極性しゃ断 DC400V -15A(1,000回以上)
使用周囲温度 -40~+70℃(ただし、氷結および結露のないこと)
使用周囲湿度 5~85%RH
質量(付属品含む) 約45g
注.上記は特に記載がないかぎり、周囲温度+23℃の初期における値です。
  *1.測定条件:DC5V 1A 電圧降下法による。
  *2.測定条件:定格操作電圧印加時(ダイオードなし)、接点バウンス含まず。
  *3.測定条件:DC500V 絶縁抵抗計による。
  *4.JEC-212(1981)標準インパルス電圧波形(1.2×50μs)
  *5.試験条件/開閉ひん度:3600回/時
  *6.試験条件/開閉ひん度:60回/時
(単位:mm)
形G9EJ-1-E
端子配置/内部接続図

注.接点端子は極性がありますので、接続の際には、ご注意ください。
  なお、コイルには極性はありません。

取りつけ穴加工寸法

寸法(mm) 公差(mm)
~10 ±0.3
10~50 ±0.5


形G9EJ-1-P-E-UVD
端子配置/内部接続図

注.接点端子は極性がありますので、接続の際には、ご注意ください。
  なお、コイルには極性はありません。

取りつけ穴加工寸法

寸法(mm) 公差(mm)
~10 ±0.3
10~50 ±0.5

警告

高電圧でご使用の場合、充電部に触れないよう保護処置を実施ください。

正しい使い方

1.形G9EJは、接点端子に極性を有しております。
接続の際には、極性にご注意ください。
逆接続された場合には、カタログ記載の開閉性能を確保できません。
2.リレーを落下されたり、分解しないでください。動作特性を満足できないだけでなく、破損、感電、焼損の原因になります。
3. 本リレーは内部に永久磁石を内蔵しているため、800A/m 以上の強磁界中(トランス・マグネットの近く)では、使用しないでください。開閉時に発生するアーク放電が磁界により押し曲げられ、せん絡し、絶縁不良を発生する原因になります。
4. 本リレーは直流の高電圧開閉器ですので、記載の仕様を超えてご使用になった場合、しゃ断不能となり、焼損の原因となります。周囲への類焼を回避するためにも緊急時の負荷電流しゃ断が実施いただける構成としてください。
装置の安全性確保のために定期交換部品扱いとしていただくことをお願いします。
5. 無負荷および微小負荷での開閉は接触抵抗値が増大する場合がありますので、実機にて事前にご確認ください。
6. 本リレーではコイルおよび接点に定格電圧(電流)を連続通電した後一度OFFし、直ちに再度ONする場合、コイルの温度上昇によりコイル抵抗が増加し、動作電圧が高くなり、定格動作電圧を超えることがあります。(ホットスタート)この場合は負荷電流の低減、通電時間の制限、使用周囲温度の制限などの対策を講じてください。
7. 直流操作形リレーは、リップル率により動作電圧変動、うなりの原因となります。そのため、全波整流の電源回路では、リップル率を低減するために平滑コンデンサを付加ください。
なお、リップル率は5%以内に抑えるようにしてください。
8. コイル印加電圧が、最大許容電圧を超え連続印加されることがないようにしてください。コイルの異常発熱による絶縁被膜寿命低下の原因となります。
9. 最大値以上の接点電圧・電流でのご使用はしないでください。
アーク放電のしゃ断不能や接点の異常発熱による焼損の原因となります。
10. 接点定格はいずれも抵抗負荷時のものです。誘導負荷(L 負荷)の場合、抵抗負荷と比較して電気的耐久性が下がります。必ず実機にてご確認ください。
11. 水や溶剤、薬品、油がケースや端子部にかかる雰囲気中で使用しないでください。ケースの樹脂の劣化や端子部の腐食・汚染による異常発熱の原因となります。また、電解液が出力端子部に付着した場合、出力端子間で電気分解が発生し、端子の異常腐食や配線の断線の原因となります。
12. リレーを交換・配線作業する際には、必ず電源をOFFにして、残留電圧がないことをご確認のうえ、作業を実施してください。
13. 接点端子からの配線を同一方向にされる場合には、圧着端子等の導電部の距離が近くなり、絶縁性が低下することがありますので、絶縁被膜等による絶縁性の確保,同一方向以外への配線などの対策を講じてください。
14. リレーコイルの逆起電力に対する保護回路としてバリスタ、またはダイオード+ツェナーダイオードをご使用ください。ダイオード単体をご使用された場合、開閉性能が低下しますのでご注意ください。
15. タブ端子タイプの取りつけについては、M3ねじ2本にて締めつけてください。(適正締めつけトルクは、0.98N・m)
16. プリント基板端子のはんだ付けについては、自動はんだを避け手はんだとしてください。
また、端子を曲げてプリント基板に固定することは、お避けください。
17. プリント基板端子の質量は、約45gです。
プリント基板の強度に十分ご注意ください。
18. プリント基板は熱ストレスによるはんだクラックの発生低減のため、 両面スルーホール基板を使用してください。
19. プリント基板用端子形のコイル端子部(◯A部)および接点端子部(◯B部)には充電金属部があります。
また、下図斜線部に充電部が露出することがありますので、対向するプリント基板上にパターンの金属面が無い状態で、ご使用ください。