Product Details Portlet

形D7S 感震センサ

地震発生時の火災など二次災害防止に貢献 世界最小クラスの感震センサ

  • 地震の大きさを表す震度階級とも相関性の高いSI値を採用することで、より震度階級に即した高精度な地震判定が可能。
  • 3軸加速度センサと独自のSI値演算アルゴリズムを採用し、表面実装が可能な小型モジュール形状と低消費電力動作を実現。
  • 機器組込み自由度向上とともに、電池での長時間駆動にも対応可能。
  • 従来の鋼球式感震器と同等の動作を行う遮断出力端子(INT1)を装備し、鋼球式感震器との互換性を確保。
  • I²Cインターフェースを装備し、外部からの通信により、センサ内の地震関連情報の取得も可能。
RoHS適合
ログイン/会員登録 いただくと、CADデータをダウンロードすることができます。
本ページは製品カタログからの抜粋した情報を記載しています。その他の製品情報はデータシート他各種データをご覧ください。

高精度の次世代感震センサ

地震による二次災害を軽減

  • 形D7Sは、IoT連携にも最適な、小型・高精度の次世代感震センサです。
    3軸加速度センサ+独自のSI値演算アルゴリズムにより、高い検出精度と低消費電力を実現。コストパフォーマンスにも優れています。

    超小型

    組込型アプリケーションに最適

    超小型、超低消費電力だからどんな機器にも組込可能。

    高信頼

    誤検知・未検知の防止

    構造物の被害と相関が高いSI値に基づく判定により、高精度に感震・遮断判定。

    IoT連携

    地震情報を2次利用可能

    地震データログ機能を搭載。
    I²C通信によりデータ出力し、SI値等の地震情報を利用可能。

  • 形D7S 感震センサ
  • SI値とは

    SI値(スペクトル強度:Spectral Intensity)とは、構造物に対する地震動の破壊エネルギーの大きさに相当。
    速度応答スペクトル積分値の平均値であるSI値は、地震動の破壊力を表す指標であり、構造物の被害と相関が高いという特徴があります。

    SI値の計算式
  • SI値と計測震度相当値の関係
    SI値と計測震度相当値の関係

SI値と加速度の比較

最大加速度と比較して、SI値はより計測震度と相関が高い指標であるため、建物被害に即した判断が可能です。

項目概要計算負荷建物被害との相関気象庁震度との相関その他
最大加速度加速度の最大値
計測震度加速度の演算により算出気象庁が定めた経験式気象庁の検定が必要で、
計測導入にはコストがかかる。
SI値揺れの速度の平均値小~中計測震度との高い相関があり、
簡易に計測できることから
大手ガス会社、鉄道会社も採用

アプリケーション例

世界最小クラスの感震センサは、幅広いアプリケーションに対応可能。組込型アプリケーションにも最適です。

  • 産業

    半導体/FPD、工作機、制御盤、燃焼炉、印刷機

    アプリケーション例:産業
  • 生活

    分電盤、防災システム、家電(ストーブ、ガスコンロ)

    アプリケーション例:生活
  • 社会

    電気・ガスメータ、化学プラント、高速、橋、トンネル、鉄道

    アプリケーション例:社会

感震センサのアプリケーション応用例

地震発生時の二次災害対策に、高い検出精度であらゆるシーンでお役立ちます。

感震センサのアプリケーション応用例 感震センサのアプリケーション応用例

種類

形式形状タイプ電源電圧最小梱包単位
形D7S-A0001形D7S表面実装タイプ2.1~5.5V1,000個
形D7S-A0001-R100100個
  • ※. 包装形態はエンボステープ包装となります。

定格/性能

項目形D7S-A0001
電源電圧2.1~5.5V
消費電流待機時: 90µA以下 / 処理中 (平均): 300µA以下
使用周囲温度 −30~+70°C
保存周囲温度 −40~+80°C
使用周囲湿度 25~95%RH
保存周囲湿度 25~95%RH
加速度検出範囲−2000~+2000gal
遮断出力(INT1)震度5強相当以上で出力
通信インターフェースI²C
外形寸法10.9×9.8mm
取りつけ角度±5°
  • ※. 氷結および結露無きこと

接続

端子配置

端子配置
番号信号名機能方向説明
1VCC電源電圧
2INT1遮断出力OUTオープンドレイン出力。遮断判定条件および倒壊検知条件を満たした場合ACTIVE(ON)となる。
3INT2処理中通知出力OUTオープンドレイン出力。地震演算、オフセット取得、自己診断の処理中にACTIVE(ON)となる。
4SCLI²CクロックINI²C未使用時でも、VCCにプルアップしてください。
5SDAI²CデータIN/OUTI²C未使用時でも、VCCにプルアップしてください。
6GND電源グラウンド
7SETTING初期設置入力IN外部からの入力により、初期設置モードに移行する。 通常時:High/初期設置モード移行:Low
8NC未接続完全にフローティングとし、他のラインとの接続不可。
9VCC電源電圧
10GND電源グラウンド
  • ブロック図

    D7S: ブロック図
  • 回路図

    D7S: 回路図

動作チャート

D7S: 動作チャート

外形寸法

(単位 : mm)

形D7S-A0001

形D7S-A0001: 外形寸法

推奨実装パターン

  • ※. 斜線部の領域はその他の部品実装、および配線パターンを配置しないでください。
推奨実装パターン

正しくお使いください

注意

本製品は精密機器であり、落下させたり過度な衝撃、力を加えたりすると故障や特性変化を起こしますので、落下させたり分解したり、必要以上に力を加えないでください。
また、落下した製品は使用しないでください。

使用上の注意

使用環境について
  • 揮発性、可燃性、腐食性ガス(有機溶剤ガス、亜硫酸系ガス、塩素、硫化ガス、アンモニアガスなど)およびその他の有毒ガスのあるところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
  • 水または塩水のかかるところ、水滴にさらされるところ、飛沫被油のあるところでのご使用は避けてください。
  • 氷結、結露の恐れのある環境でのご使用は避けてください。またセンサに付着した水分が凍結した場合、センサ出力の変動あるいは故障の原因となることがあります。
  • 直射日光があたるところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
  • 加熱機器からの輻射熱を直接受けるところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
  • 温度変化の激しいところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
  • 過度の機械的ストレスが加わる環境でのご使用は、動作不良や故障の原因となりますので避けてください。
  • 振動、衝撃の影響が大きいところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
  • 電界、磁界の影響が大きいところでのご使用は、故障の原因となりますので避けてください。
ノイズ対策について
  • 本製品は保護回路を搭載しておりませんので、瞬時たりとも絶対最大定格を上回る電気的負荷を与えないでください。回路破損の原因となります。
    また、絶対最大定格を超えないよう、必要に応じて保護回路を設置ください。
  • 高周波を発生する機器(高周波ウェルダ、高周波ミシンなど)やサージを発生する機器から、できるだけ離して設置してください。
    ノイズを発生している周辺機器(特に、モータ、トランス、ソレノイド、マグネットコイルなどのインダクタンス成分を持つもの)には、サージアブソーバやノイズフィルタを取付けてください。
  • 誘導ノイズを防止するために、本体のコネクタの配置は、高電圧、大電流の動力線とは分離して配線してください。シールド線を使用するなどの方法も効果があります。
  • スイッチングレギュレータをご使用の際には、電源のスイッチングノイズで誤動作することがありますのでご確認のうえご使用ください。
取り扱いについて
  • 静電気によって破壊する場合がありますので、作業台、床などの帯電物および作業者は、アースを取るなど、静電気対策を行ってください。
  • 蒸気、ホコリ、粉塵などの多いところでの取り扱いは避けてください。
  • 本製品をペンチ、ピンセット等で挟んだり、実装機の調整不足により部品に損傷や過度の衝撃を与えることのないようにしてください。
  • プリント基板の外周部またはコネクタ近傍に部品を配置する場合は、機器組み立て時およびコネクタ挿抜時に製品にストレスが加わらないようにしてください。
  • はんだ付け後は、冷却されるまで部品に外力が加わらないようにし、プリント基板の反りなどで機械的ストレスが掛からないようにしてください。
  • 超音波の使用においては、使用条件により製品が共振破壊される場合があります。当社にて使用条件詳細が特定できないため、超音波使用環境に対する保証はいたしかねます。やむを得ず使用される場合は、事前に必ず貴社にてご確認ください。
  • 樹脂硬化による応力で特性が変化することがありますので、本製品を実装後にモールド封止は行わないでください。
  • 本製品を実装後に防湿コーティング等を施す場合は、応力の少ないものを選択し、十分に動作確認を実施してください。
  • 本製品を分解、改造をしないでください。
  • 本製品を安全装置や人命に関わる用途に使用しないでください。
  • 本製品は本取扱説明書、各項目に記載の注意事項を十分ご確認の上ご使用ください。
  • その他、本仕様書に記載されている条件以外でのご使用に関しましては、貴社にて事前にご確認の上ご使用ください。
輸送・保管について
  • 製品に悪影響をおよぼす腐食系ガス(有機溶剤ガス、亜硫酸系ガス、硫化水素ガスなど)の存在する場所での保管は避けてください。
  • 製品は防滴構造ではありませんので、水などのかかる可能性のある場所での保管は避けてください。
  • 温度、湿度が適切な範囲内で保管ください。※弊社推奨条件以外で保存される場合は、 実際に保存される環境について、貴社にて評価いただいた上でご判断ください。
  • 蒸気、ホコリ、粉塵などの多いところでの保管は避けてください。