Product Details Portlet

形2SMPP-02 MEMSゲージ圧センサ

超小型で低消費電力のMEMSゲージ圧センサ

  • 長さ6.1mm×幅4.7mm×高さ8.2mmの超小型。
  • 容量式圧力センサに比べ、優れた電気的特性。
  • 測定圧力範囲は0~37kPa。
    オフセット電圧:-2.5±4mV
    スパン電圧:31.0±3.1mV
  • 0.2mWの低消費電力。
  • 温度影響が小さい。
    スパン電圧:±1.0 %F.S.
    オフセット電圧:±3.0%F.S.
RoHS適合
本ページは製品カタログからの抜粋した情報を記載しています。その他の製品情報はデータシート他各種データをご覧ください。
分類
構造形式梱包形態
底面ポート型SOP形2SMPP-02プラスチックスリーブ
項目形2SMPP-02
圧力の種類 *1ゲージ圧
センシング方式ピエゾ抵抗式
圧力媒体 *2空気
駆動方式定電流駆動
駆動電流DC100μA
圧力範囲0~37kPa
耐圧力最大 53kPa
最大駆動電流最大 DC130μA
使用周囲温度範囲0~50℃(氷結および結露しないこと)
使用周囲湿度範囲15~95%RH(氷結および結露しないこと)
保存周囲温度範囲-30~+85℃(氷結および結露しないこと)
保存周囲湿度範囲10~95%RH(氷結および結露しないこと)
質量0.17g
注. 上記各項目は周辺温度23℃での測定結果です。
*1. 負圧での使用は避けてください。
*2. 空気以外の腐食性ガスは使用しないでください。
項目形2SMPP-02
ゲージ抵抗値20±2kΩ
オフセット電圧-2.5±4.0mV
スパン電圧31.0±3.1mV(37kPa印加時)
非直線性Max.0.8%FS(0~37kPa)
ヒステリシス0.5%FS(0~37kPa)
感度温度変動0.5±1.0%FS(0°C)
0.3±1.0%FS(50°C)
オフセット電圧温度変動0±3.0%FS(0~25°C)
0±3.0%FS(25~50°C)
測定条件:周囲温度23°C、定電流、駆動電流100μA

(単位:mm)


注. 上記、外形寸法図中、指定のない部分の寸法公差は±0.3㎜です。

使用上の注意

●取り扱いについて

(1)製品に直接使用できる圧力媒体は空気のみです。腐食系ガス (有機溶剤ガス、亜硫酸系ガス、硫化水素ガスなど)や水分異 物を含む圧力媒体でのご使用は、故障の原因となりますので 避けてください。
(2)製品は防滴構造ではありません。水などのかかる可能性のあ る場所でのご使用は避けてください。
(3)結露する環境でのご使用は避けてください。またセンサチップ に付着した水分が凍結した場合、センサ出力の変動あるいは 故障の原因となることがあります。
(4)導圧管の内部に針金やピン等の異物を入れないでください。 センサ内部の圧力センサチップの破壊あるいは、導圧管内に 異物が詰まりセンサ出力が変動する場合があります。
(5)使用圧力は定格圧力範囲内でご使用ください。範囲外のご使 用は破損する原因となります。
(6)超音波など高周波の振動が加わる環境でのご使用は避けてください。
(7)圧力センサチップは光が当たると出力が変動するおそれがありますので、センサチップに光が当たらないようにしてください。
(8)静電気によって破壊する場合がありますので、作業台、床などの帯電物および作業者は、アースを取るなど、静電気対策 を行ってください。
(9)端子に過度の力が加わると変形し、はんだ性が損なわれますので、製品の落下や乱暴な取り扱いは避けてください。
(10)蒸気、ホコリなどの多いところでの取り扱いは避けてくださ い。
(11)圧力センサの端子接続は接続図に従って行ってください。
(12)圧力センサの端子方向を上下反対に接続しないでください。 逆方向に端子接続を行った場合、センサ出力の変動あるいは 故障の原因となることがあります。
(13)外部ノイズの影響で出力の変動の恐れがありますので、外部ノイズ対策を行ってください。

●輸送保管について

(1)製品に悪影響をおよぼす腐食系ガス(有機溶剤ガス、亜硫酸系ガス、硫化水素ガスなど)の存在する場所での保管は避けてください。
(2)製品は防滴構造ではありませんので、水などのかかる可能性のある場所での保管は避けてください。
(3)外装ダンボール箱は保管期間、保管場所の湿度、段済みなどにより強度劣化が進行しますので、先入れ先出しの原則を励 行してください。また投げ下ろし、落下など手荒な荷扱いは避けてください。
(4)内装箱は落下させると、チューブから止め栓がはずれ製品が飛び出し、製品の破損する場合があります。
(5)製品チューブは表面に塗布タイプの静電防止処理を施しておりますので、次の点にご注意下さい。
   1. 水漏れすると静電防止処理が剥離し、効果がなくなります。
   2. 高温高湿環境では静電防止剤の性質上ベタつくことがあります。
   3. 静電防止剤は経時劣化がありますので、6ヶ月以上の保管 は避けてください。また再利用はしないでください。
(6)温度、湿度が適切な範囲内で保管ください。 ・温度:5~30℃、湿度:40~60%
(7)リード部はAgめっき処理を行っており、保管状態により変 色する場合があります。納入後の変色は保証の対象外としま すので、保管方法には十分に注意ください。
(8)蒸気、ホコリなどの多いところでの保管は避けてください。
 

●実装方法

・プリント基板上のランドパターンに、センサを実装してください。
・②番ピンは機械的強度を保持するためにプリント基板上にはんだ付けにて固定ください。
 

●はんだ付け方法

・小型サイズのため、圧力センサの熱容量は小さくなっています。そのため外部加熱による影響を最小限にする対策が必要となります。
・はんだ槽への浸漬:最大260℃にて10秒以内
・はんだごて:最大260℃にて10秒以内
・センサ端子のみ加熱し、センサパッケージは加熱しないでください。
・腐食性ガス発生の可能性のあるフラックスは使用しないでください。またフラックスがケース内へ入らないような処理をお願いします。
 

●洗浄

・洗浄液がケース内へ入らないようにしてください。
・超音波洗浄は行わないようにしてください。断線の原因となります。
・シリコーン入り洗浄剤での洗浄はやめてください。圧力センサ表面に洗浄剤が残る可能性があります。
 

●コーティング

・圧力センサはコーティングしないでください。