京都ヒューマン賞(顕彰事業)

2017年度 京都ヒューマン賞贈呈式

京都ヒューマン賞の概要

地域における社会福祉、青少年の健全育成、男女共同参画の推進、生活環境や地球環境の整備等の分野において、社会に貢献されている京都と関わりのある個人や団体を顕彰するものです。
毎年6月頃に京都市内において贈呈式を開催しています。
受賞者にはそれぞれ顕彰金100万円を贈呈します。

2018年度 京都ヒューマン賞受賞者(左)と立石文雄理事長(右)
  • 鷲巣 典代 様 公益社団法人 認知症の人と家族の会 理事
    同法人京都府支部 世話役

    鷲巣 典代

  • 相談員・評議員 神門 佐千子 様

    京都YWCA・APT

    (相談員・評議員 神門 佐千子 様)
  • 理事長 森脇 勉 様

    特定非営利活動法人
    八幡たけくらぶ

    (理事長 森脇 勉 様)

応募方法

「京都ヒューマン賞」の趣旨に沿う候補者の推薦を募集します。
候補者ご推薦にあたっては、当基金所定の推薦書と共に、選考審査の参考になる関連資料を当基金事務局までご提出ください。
個人、団体とも、自薦・他薦を問いません。
提出資料はホッチキスで留めずに、クリップ留めにしてください。

応募期間

9月1日~11月30日の3ヶ月間

評価ポイント

活動のテーマ性、功績の軽重、継続性、チャレンジ性(ユニーク性、困難度)、他への影響度、今後の期待度、活動エリアについて評価します。

テーマ性 人に、地球に優しい社会貢献活動に重きを置く。
功績の軽重 活動によりもたらされた社会貢献度が高い活動を評価する。
継続性 継続して、着実に成果を上げてきた活動を評価する。
継続性については、10年以上の活動歴があることを目安とするが、他の評価ポイントがこの基準を大きく上回ると判断される場合には、この限りではない。
チャレンジ性 他に類を見ない新しくユニークな活動を行ったり、困難な目標にも関わらず果敢に挑戦し、成果を上げていることを評価する。
他への影響度 授賞することにより、その個人や団体内の効果に留まらず、他の個人や団体に好影を与え、社会貢献活動の広がりが期待できるなど波及度が高い活動を評価する。
今後の期待度 活動期間が10年に及んでいなくとも(少なくとも5年は活動実績があること)、上記の評価ポイントが顕著である場合や、今後の活動成果に大いに期待できる場合には顕彰対象となり得る。

過去の受賞者の取り扱い

  • 過去に京都ヒューマン賞(ヒューマン大賞など)を受賞した個人が代表等を務める或いは務めた団体が応募した場合、団体としての活動実績が代表個人を評価した実績を大きく上回り、京都ヒューマン賞の授賞団体として十分に相応しいと判断できる場合には、顕彰対象とする。
  • 受賞団体の代表者が個人として応募した場合は、その団体の受賞理由以外の部分を評価して選考する。

選考方法

外部有識者による選考委員会において選考審査を行い、理事会において最終決定します。
選考委員会は、社会福祉関係や生涯学習、報道などの分野に長年に亘り携わってこられた委員で構成されています。
なお、選考過程については公表していません。
また、応募資料や選考過程において知り得た個人情報は、適切に管理し、利用目的以外に第三者への開示は致しません。

2018年度「京都ヒューマン賞」受賞者と授賞理由(2018年6月5日)

鷲巣 典代 様
公益社団法人 認知症の人と家族の会 理事
同法人京都府支部 世話役
鷲巣 典代

2004年以来、「認知症の人と家族の会」のボランティアとして、各国のアルツハイマー協会と連携して "認知症の人にやさしい地域づくり"に関する活動を続け、日本の認知症施策や「家族の会」など認知症関係団体の活動についての発信を続けた。
また、人と人との顔の見える関係が、相互理解の基盤であるとの信念に基づき、各国の認知症の本人や介護家族、専門職が出会う機会を国内外でコーディネイトし、交流の輪を広げてきた。

京都YWCA・APT 様
京都YWCA・APT

26年間にわたり、外国にルーツのある方が日本で暮らす中で直面する問題について、多言語電話相談を行ってきた。電話と面会を通して相談を受け、外国人のDV被害や離婚、子どもの国籍や教育、親権、在留資格、労働問題、社会保障、生活保護など様々な問題を解決するため、日本語、フィリピン語、タイ語、中国語などで、情報を提供したり、地域の専門機関と協力しながら対応している。
相談員養成のための講座や研修も実施するほか、日本の学校や大学等などで多文化共育授業も行っている。

特定非営利活動法人 八幡たけくらぶ
特定非営利活動法人
八幡たけくらぶ

2003年4月に、放置竹林を目のあたりにしたメンバーたちで発足し、現在では13ケ所・8haを超える竹林整備を、月5日伐採、竹の粉砕活動で月3日程度活動しており、年間延べ千人を超える参加人員となっている。
活動の基本を、①竹林整備活動を通じて、里山の環境保全にお役に立つ、②地域奉仕活動を通じて、まちづくりにお役に立つ、③竹細工教室を通じて、子供の健全育成にお役に立つ、④高齢者の「やりがい」「生きがい」の場を提供しお役に立つの4つを掲げて活動している。

2018年度からは、ヒューマン大賞(個人表彰)とヒューマンかざぐるま賞(団体表彰)の部門賞を廃止し、京都ヒューマン賞に統一して表彰しています。