コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

オムロングループにおけるコーポレート・ガバナンスとは、「企業理念」および「経営のスタンス」に基づき、すべてのステークホルダーの支持を得て、持続的な企業価値の向上を実現するために、経営の透明性・公正性を高め、迅速な意思決定を行うとともに、監督から執行の現場までを有機的に連携させ、経営のスピードを速め、企業の競争力の強化を図るための仕組みであり、その仕組みを構築し機能させることです。

オムロン グループは、この基本的な考え方に基づき、オムロン コーポレート・ガバナンス ポリシーを制定し、コーポレート・ガバナンスの継続的な充実に取り組んでまいります。

<企業理念>
Our Mission(社憲)
われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう

Our Values
私たちが大切にする価値観

  • ソーシャルニーズの創造
    私たちは、世に先駆けて新たな価値を創造し続けます。
  • 絶えざるチャレンジ
    私たちは、失敗を恐れず情熱をもって挑戦し続けます。
  • 人間性の尊重
    私たちは、誠実であることを誇りとし、人間の可能性を信じ続けます。

<経営のスタンス>
私たちは、「企業は社会の公器である」との基本的考えのもと、企業理念の実践を通じて、持続的な企業価値の向上を目指します。

  • 長期ビジョンを掲げ、事業を通じて社会的課題を解決します。
  • 真のグローバル企業を目指し、公正かつ透明性の高い経営を実現します。
  • すべてのステークホルダーと責任ある対話を行い、強固な信頼関係を構築します。

オムロン コーポレート・ガバナンス ポリシーおよびコーポレート・ガバナンス報告書(全文)をPDFでダウンロードできます。

政策保有株式に関する方針

当社は、持続的な企業価値向上のため、更なる社会的価値の向上を協働し、より安定した企業運営を目的として株式を保有します。

政策保有株式についてそのリターンとリスク等を踏まえた中長期的な観点から検証を行い、これを反映した主要な政策保有株式の保有目的、合理性について、取締役会において検証します。

政策保有株式の議決権については、投資先企業の中長期的な企業価値向上の観点からその行使についての判断を行います。

関連当事者間の取引に関する方針

当社は、取締役・監査役およびその近親者との取引について、取引の有無に関する調査の確認書を作成し、重要な事実がある場合、取締役会に報告します。

関連当事者間の取引について、会社法および金融商品取引法その他の適用ある法令ならびに東京証券取引所が定める規則に従って、開示します。