3期は2017年春に募集開始予定

KOTO CHALLENGEとは

ものづくりに軸足を置いたハードウェア系ベンチャーを、オムロンが支援するインキュベーションプログラムです。
3ヶ月の匠メンタリングで、製品プロトやビジネスプランをブラッシュアップし、コトづくりの第一歩をサポートします。
すでに起業した方から、新たな事業プランを思いついた学生まで、どなたでもエントリーいただけます。

本プログラムの特徴

オムロン コトチャレンジ参加者のみなさまには3ヶ月間でサービスのプロトタイプ完成(既に完成している場合はそのブラッシュアップ)を目指していただきます。本プログラムには以下のような特徴があります。

2期のチャレンジ内容はコチラ!

第1回、第2回KOTO CHALLENGE

KOTO CHALLENGE 参加チーム

第2回
AMI株式会社 心臓弁膜症の簡易異常診断装置
株式会社eNFC 電界型NFCによる人体通信デバイス
メディカルフォトニクス株式会社 非侵襲型の血中脂質検査装置
iFACTory(大阪府立大学) 分光技術を用いたポータブル鮮度センサ
U.W.I(オムロン社内チーム) 植物工場向け水質管理システム
第1回
AoLEMon 柑橘農家向け農作業軽減ロボット
「ロボットファーミング」
ウェアラブルデバイス総合研究所 情報を触覚するウェアラブルな入出力装置
WAISTON Chobit Healthcare ベルト着用をトリガとした自動腹囲計測システム
「おなかのげんじつ」
Vimo 時の健康状態をセンシングしてくれる枕「Pillojoy」
Peloreen 栄養素計測技術を用いたヘルスケア機器
都市風プロジェクト 都市環境にフィットする風力発電機

Facebookページでは、最新のお知らせや
イベント情報を配信しております。
是非チェックしてください