商品リサイクル・リユース

取り組み姿勢

お客様が使用しなくなった当社商品を回収・解体し、商品のリユースや原材料へのリサイクルを推進します。

2015年度総括

2007年度から首都圏、2010年度から関西圏に、自動券売機や改札機などを対象に商品リサイクルの仕組みを構築し、その定着を図りました。サーマルリサイクルを含め、ほぼ100%のリサイクルを実現しています。

自動券売機リサイクル
自動券売機リサイクル

日本 使用済み商品回収量、リサイクル量

単位:トン

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
使用済み商品回収量 154 100 196 306 542
回収した使用済み商品のリサイクル量 115 99 194 291 515

グラフ:使用済み商品回収量、リサイクル量

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。