生物多様性の取り組み

オムロングループ生物多様性方針

基本方針

20世紀半ば以降、地球規模で生物多様性の損失が加速度的に進んできました。オムロンはこれを阻止することを目的に、企業の社会的責任の一環として「事業活動」と「社会貢献活動」の2つの側面から、生物多様性の保全に取り組みます。また、この取り組みを確実にするために「関係者との連携」「客観的な効果測定の重視と継続的な改善」「発生するリスクの低減と社会全体で共有しうるメリットの最大化」の3点に留意します。

行動方針

  1. 事業活動の側面において
    ①ソーシャルニーズの創造
    ②環境保全活動や、環境マネジメントシステムに基づく取り組みの推進
    ③バリューチェーン全体を通じた実践
  2. 社会貢献活動の側面において
    ①社会からの信頼向上を主眼とした活動
    ②社員の生物多様性保全へのモチベーション向上を主眼とした活動

以上を重視し、活動を展開していきます。

オムロングループ生物多様性方針策定のプロセス

オムロンは、国際NGOコンサベーション・インターナショナル(CI)との協働プロジェクトで、生物多様性方針を策定しました。
CIには、「なぜ生物多様性に取り組むのか」という本質的な議論に加え、方針・取り組みを考えていく上で、「妥当性」「有効性」「効率性(貢献性)」という観点を基本に考えるべきだと指摘をいただきました。 こうしたプロセスを経て、「企業というものは人間社会の上に成り立っているが、人間社会は自然社会の上に成り立っている。オムロンでは、『企業は社会の公器である』という基本的考えのもと、生物多様性を環境の一分野として捉えるのではなく、より良い社会実現のためのサステナビリティ活動の基盤として考える」という結論に達しました。

※ コンサベーション・インターナショナル(CI)
自然生態系と人とのかかわりを重視して環境問題を解決することを目的に設立された民間非営利の国際組織(NGO)。科学、パートナーシップ、そして世界各地での実践に基づき、次世代に豊かな自然を引き継いでいく社会を実現し、人類の幸福に貢献することをミッションに活動している。

地域の特色と課題を反映した生物多様性保全

オムロンでは、地域の特色と課題を反映した生物多様性保全の取り組みを、事業所などの拠点を活かし行っています。

ビオトープで希少種「イチモンジタナゴ」を保護・繁殖

野洲事業所では、半導体製造のために1日1,400㎡の地下水を使用しています。(一般家庭における水使用の2,000軒分に相当)

また、マザーレイクと称される琵琶湖のある滋賀県に立地するため、環境には特に配慮し、工場から出る排水は浄化してから河川に放流しています。

こうした背景から、2011年4月に、この工場排水を利用したビオトープ※1「ぼてじゃこの池」を造成しました。

ここでは、「地域のいのちを育む水」として有効活用するため、環境省が絶滅危惧IA類に指定している「イチモンジタナゴ」※2の保護・繁殖に取り組んでいます。

2011年4月に雄雌15匹ずつ放流したイチモンジタナゴは、一時は200匹以上に増えましたが、それ以降は繁殖に成功しませんでした。2016年3月からは琵琶湖博物館の専門家のご指導のもと、イチモンジタナゴの繁殖実験に注力し、5月には5年ぶりに稚魚11匹を確認することができました。今後は、ますます増えていく稚魚が成長するのを見守っていきます。

野洲事業所マスコットキャラクタータナゴちゃん
野洲事業所マスコットキャラクター
タナゴちゃん
写真:ビオトープ「ぼてじゃこの池」
ビオトープ「ぼてじゃこの池」(「ぼてじゃこ」とは、タナゴ類の愛称)
写真:イチモンジタナゴ
イチモンジタナゴ

また、地域の水辺環境の原風景復元も成果を上げています。植物種数、昆虫種数は年々増加し、特に昆虫においては、準絶滅危惧種に指定されている「コオイムシ」が確認されています。メスがオスの背中にタマゴを産み、オスがタマゴを大事に育てる特性から、別名「昆虫界のイクメン」と呼ばれています。

地域自治会・行政・企業や環境団体など生物多様性教育の場として、多くの方にも見学のためにご来所いただいています。

2013年からは毎年ビオトープにて、社員や地域の子どもたちとその家族を対象に自然観察会を開催しています。ビオトープの魚や植物を観察し、自然とふれあいながら、自然や環境の大切さを学べる機会を提供しています。参加者の方のアンケートからは、「子どもたちの自由研究に役立つ内容で大満足」「オムロンが排水を魚が生息できるまでに浄化していることを知り、安心しました」といった感想が寄せられました。

※1 ビオトープ
ドイツ語の「生物」を意味するBioと「場所」を意味するTopの合成語で、野生動植物が生息する空間を意味する。最近は、生態系としての森林や川、沼、湿地、草地、雑木林の総称としても使用される。日本では人為的に造り出したものの意味で使用されることが多い。(「生物多様性読本」日経エコロジーから引用)

※2 イチモンジタナゴ
コイ科の淡水魚で、環境省のレッドリストでIA類(もっとも絶滅が危惧される種)に指定されている。体側には青緑色の長い縦条があるため、イチモンジの由来となっている。もともとは琵琶湖淀川水系等で多数生息していたが、外来魚の増加や河川改修により、今では琵琶湖ではその姿を見ることはできない。

写真:コオイムシ
コオイムシ
写真:自然観察会の様子
自然観察会の様子
写真:自然観察会の様子
自然観察会の様子
野洲事業所マスコットキャラクタータナゴちゃん
野洲事業所マスコットキャラクター
タナゴちゃん
写真:ビオトープ「ぼてじゃこの池」
ビオトープ「ぼてじゃこの池」(「ぼてじゃこ」とは、タナゴ類の愛称)
写真:イチモンジタナゴ
イチモンジタナゴ
写真:コオイムシ
コオイムシ
写真:自然観察会の様子
自然観察会の様子
写真:自然観察会の様子
自然観察会の様子

飯田市の天然記念物「ギフチョウ」の保護に協力

オムロングループであるオムロンオートモーティブエレクトロニクス(株)飯田事業所(長野県飯田市)は飯田市の天然記念物に指定されているギフチョウの保護に協力しています。

オムロンオートモーティブエレクトロニクス(株)飯田事業所は、1989年に当時の環境庁に「ふるさといきものの里」に選ばれた「桐林環境産業公園」内に位置します。同社は工場を建設するにあたり、太陽光に弱いギフチョウに配慮した壁の色としたり、連絡用道路の整備を断念して市道を利用するなど、生物多様性の保全に尽力しており、年3回、同公園の清掃・美化活動に取り組んでいます。

ほかにも、20年にわたりギフチョウの調査研究を続ける市民団体「飯田昆虫友の会」の開催する観察会への駐車場貸し出しや、ギフチョウのエサとなるヒメカンアオイの保護にも協力しています。

※ ギフチョウ
ギフチョウアゲハチョウ科の蝶で、春に孵化することから“春の女神”という愛称でも知られており、一時は乱獲されて絶滅の一歩手前まで個体数が減少していた。

写真:オムロン飯田 株式会社 外観
ギフチョウに配慮して黒く塗装した
事業所の壁
写真:ギフチョウ
ギフチョウ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。