エコ商品開発

取り組み姿勢

製品の企画・設計段階で製品アセスメント(下図)を導入・実施し、製品ライフサイクルの各段階で省エネ性能やリサイクル性などを検証し、環境負荷を低減した商品を開発します。

製品アセスメントフロー

製品アセスメントフロー

2015年度総括

製品アセスメントを実施し、省エネ性能やリサイクル性を向上した商品を開発しました。

エコ商品認定制度

1998年から製品アセスメントの環境目標を達成した製品を「エコ商品」、その中でさらに高いレベルの環境負荷低減基準をクリアした製品を「エコラベル商品」に認定しています。

また、当社が独自に定めたエコラベルを表示し、お客様にわかりやすい形でエコ情報を提供しています。

エコ商品認定制度

エコ商品認定基準

環境要素
省エネルギー 使用時・待機時の消費電力削減
省資源 主要材料の使用量削減
リサイクル 再生プラスチックの使用促進
直接貢献 環境貢献を直接目的とする製品
化学物質 環境汚染物質の不使用(業界トップレベル)

※エコラベル認定商品は、当社基準に基づき、上記の環境要素に対して評価・認定しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。