オムロン、「攻めのIT経営調査2017」において「IT経営注目企業」に選定 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. お知らせ
  4. オムロン、「攻めのIT経営調査2017」において「IT経営注目企業」に選定

オムロン、「攻めのIT経営調査2017」において
「IT経営注目企業」に選定

  •  
  • 2017年5月31日

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁、以下オムロン)は本日、「攻めのIT経営調査2017」の結果、経済産業省により「IT経営注目企業」に選定されました。

「攻めのIT経営調査」は、経済産業省と東京証券取引所が共同で、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化を目指し、積極的にITの活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として2015年度から業種区分ごとに選定・発表しているものです。
さらに、今年度は「攻めのIT経営銘柄」に加えて、「攻めのIT経営」を推進する上で、IoT・AIなどのテーマについて先進的な取り組みを実施している企業を紹介するため、経済産業省単独による「IT経営注目企業」の選定・公表がなされました。
今回、「IT経営注目企業」には、東証上場企業の中からオムロンを含む21社が選定されました。

オムロンの取り組みが評価された点
  1. 最高技術責任者(CTO) が技術・知財本部を統括し、経営視点で技術戦略を考えて実行している。
    また、CTOがリーダーとなってコア技術・既存技術をIoTやAIで変革している点。
  2. IT部門において、個々人のITスキル向上だけでなく、組織としての高度IT人財育成と同時に企業価値に貢献すべく、スキルマップを活用している点。

オムロンの技術進化について(CTO宮田喜一郎からのメッセージ)は以下の当社ホームページをご参照ください。