「人間は、もっとやれる。」 オムロンは京都マラソンへの協賛を通じて、挑戦する全ての人を応援します! ~「測ること」で健康なライフスタイルをサポートするWebサイト「ハカルコトカラダ」もスタート~ | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2017年
  4. 「人間は、もっとやれる。」 オムロンは京都マラソンへの協賛を通じて、挑戦する全ての人を応援します! ~「測ること」で健康なライフスタイルをサポートするWebサイト「ハカルコトカラダ」もスタート~

「人間は、もっとやれる。」
オムロンは京都マラソンへの協賛を通じて、挑戦する全ての人を応援します!
~「測ること」で健康なライフスタイルをサポートするWebサイト「ハカルコトカラダ」もスタート~

  • 2017年2月9日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、京都ならではの風光明媚なコースが魅力の市民参加型マラソン、「京都マラソン」に初回の2012年大会から特別協賛しています。
今年も、「走る人、応援する人、支える人、それぞれが主役」である、という京都マラソンの理念に共感し、「京都マラソン2017」に協賛いたします。また、大会に先立ち開催されるイベント「おこしやす広場(入場無料)」にて昨年に続きオムロンブースを出展いたします。

今年のオムロンブースは、「チャレンジする人を応援する」をコンセプトに、「測る」をキーワードに笑顔測定技術や健康状態がチェックできる機器を展示します。それに伴い、Webページ“ハカルコトカラダ”を本日開設いたします。健康に関連する様々な数値を「測ること」で、健康な「カラダ」づくりのための行動を喚起するコンテンツを、社員がイキイキと働くオムロンの企業文化を通して発信していきます。

オムロンは、「チャレンジする人を応援する」というコンセプトをもとに、イベントブースの開催、マラソン当日のボランティアなどを通じ「京都マラソン2017」を盛り上げてまいります。

京都マラソン2017

出展ブースについて

期間: 2017年2月17日(金)11:30~20:30
2017年2月18日(土)10:30~19:00
会場: みやこめっせ1階
(京都市左京区岡崎成勝寺町9-1/二条通東大路東入)

出展ブースでは、「人間は、もっとやれる。」を合言葉に「走る人、応援する人、支える人」すべてに「オムロンの技術」との融和の体験を通じて、チャレンジする人を応援します。

  • 「宣言する」: プリントシール機を用いて、京都の街並みを背景にしたプリントシールを作成いただきます。そこに自身の目標やチャレンジを宣言してもらい大会当日に向けたランナーや応援者の気持ちを盛り上げます。
  • 「測る」: 走る際の「笑顔」が、ランナー自身のパフォーマンスを向上する、という考えから、測定者の「笑顔度」を引き出すトレーニングを体感いただきます。また、血圧計や体組成計などオムロン製品を使用いただき、健康状態をチェックする大切さを実感いただきます。
  • 「学ぶ」: いざというときの対処法をオムロンのAEDを用いて、実際に製品の使い方や体験をしていただきます。また、AED普及活動として京都市消防局様と、メインステージ上で「AED! ACTION!」を開催いたします。ステージには門川大作市長も登壇いただき、弊社AEDを体験いただく予定です。
    (2/18 12時30分~13時頃実施予定)


オムロンブースイメージ図

Webページ「ハカルコトカラダ」について

オムロンは「チャレンジする人を応援する」というコンセプトをもとに、Webページ“ハカルコトカラダ”をスタートいたします。
日常生活の運動・食事・睡眠を「測ること」で見える化し、ポジティブで健康なライフスタイルへの変化をサポートするサイトです。
同サイトでは、実際に“ハカルコト”を実践し、健康な身体作りを実現したオムロン社員の例をはじめ、「身体を測る」ことから始めた健康なカラダづくりを公開します。健康で楽しく走れるカラダづくりのヒントを“ハカルコトカラダ”でみつけてください。

▼“ハカルコトカラダ”Webページ
https://www.omron.co.jp/health/

ハカルコトカラダ

協賛の背景

オムロンは、東日本大震災復興への息の長い支援、走る人、応援する人、支える人それぞれが主役、と考える京都マラソンの趣旨に共感し、2012年3月11日開催の第1回大会から特別協賛しています。
当社の企業理念にある”絶えざるチャレンジ”は、「人間は、もっとやれる。」との思いを持ち、一人ひとりが目標を持って挑戦し続けることを大切にしています。社員もランナーとして挑戦する、ボランティアとして支える、沿道で声援をおくるといった活動を通して、オムロングループを挙げて京都マラソンを盛上げています。

オムロンの京都マラソンへの支援例

京都マラソンでは、スタート会場、コース沿道、フィニッシュ会場の計15か所の救護所、さらにコース沿道では救護サポーター、消防スタッフなど約400mごとにAEDを配備、もしくは所持する医療救護体制が整えられています。オムロンはヘルスケア商品であるAED130台全てを提供しています。
また、まわりのランナーが突然倒れたらどう対応すればいいのか?京都市が主催する「ファーストエイド講習会」、イベントステージの「AED! Action!」コーナーにおいてもAEDを提供し、“もしも”の際のAED使用方法について啓発活動に協力しています。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約38,000名の社員を擁し、110を超える国や地域で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

詳細お問い合わせ先
オムロン株式会社
コーポレートコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175