オムロン「CEATEC JAPAN 2016」に出展 IoT、AI時代に向けた未来テクノロジー「+Think」を紹介 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2016年
  4. オムロン「CEATEC JAPAN 2016」に出展 IoT、AI時代に向けた未来テクノロジー「+Think」を紹介

オムロン「CEATEC JAPAN 2016」に出展
IoT、AI時代に向けた未来テクノロジー「+Think」を
紹介

  • 2016年9月13日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO:山田義仁)は、2016年10月4日から7日までの4日間、千葉・幕張メッセで開催されるCPS/IoT EXHIBITION 「CEATEC JAPAN 2016」に出展します。

オムロンブースでは、機械に人の知恵を与えることで、個人や社会、そしてモノづくりの現場に最適なソリューションを提供する「+Think」技術による最新の未来テクノロジーを公開します。オムロンはこれまで、収集した情報を人にとって価値ある情報に変換し機械を制御する「センシング&コントロール」をコア技術に様々な社会的課題の解決に取り組んできました。現在はここに人の知恵を表す「Think」を加えた「センシング&コントロール+Think」による技術の進化に取り組んでいます。そこで、今回のメインステージでは、最先端のAI(人工知能)技術によって進化した卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」を通じ、オムロンが目指す「+Think」による“人と機械が互いに成長する”未来の姿を紹介します。続く各コーナーでは、オムロンが特に注力する「モノづくり」、「ヘルスケア」、「モビリティ」分野において「センシング&コントロール+Think」で解決すべき社会的課題への取り組みを、動作モデルやプレゼンテーションによって紹介します。

最先端AI技術で、「人と機械の相互成長」を実現する、進化版卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」登場

「CEATEC JAPAN 2014」において日本で初公開されて以来、国内外で話題となった卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」が、さらに進化して登場します。2016年版「フォルフェウス」は、AI技術「時系列ディープラーニング」を実装し、学習結果を基にしてラリーの最中に対戦相手の卓球の上手/下手を瞬時に判断、相手のレベルに合わせた返球を行うことで、互いの成長を図ります。「協働」から「融和」へと進化した人と機械の関係を、「フォルフェウス(FORPHEUS)」との卓球ラリーを通じて、体験いただけます。

2016年版「フォルフェウス(FORPHEUS)」イメージ
2016年版「フォルフェウス(FORPHEUS)」イメージ

社会的課題を解決するオムロンの未来テクノロジーを紹介する主なコーナー

(1)「モノづくり」 コーナー

モノづくり現場におけるAIを搭載したロボットの活用事例を通じて、「+Think」によって“人と機械が最適に融和”した、未来の工場(スマート・ファクトリー)の一端を紹介します。

  • 独自のAI技術を搭載し、モノづくり現場の現在と未来を橋渡しするロボット
(2)「ヘルスケア」 コーナー

「脳・心血管疾患の発症をゼロにする」というスローガンを掲げるオムロンが取り組む、新たな健康センシングを紹介し、オムロンが目指す、誰もが健康で長生きできる未来社会を、映像を通じて紹介します。

  • 手首だけで1拍ごとの血圧値を連続で測定する技術
(3)「モビリティ」 コーナー

より安全な交通社会と自動運転の実現加速に向けドライバーの状態に着目したオムロン独自のセンシング技術を紹介します。

  • 「ドライバー運転集中度センシング技術」のデモンストレーションを通じた自動運転車の制御体験
  • 自動運転に不可欠な“人センシング”技術
(4)「センシング データ トレーディング マーケット」 コーナー

世界中で収集された膨大なセンシングデータが流通により自由に活用され、私たちの未来をもっと豊かにしてくれる新しい未来を紹介します。

CEATEC JAPAN2016 開催概要

開催日時 : 2016年10月4日(火) ~7日(金)  10:00~17:00
開催場所 : 幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
ホームページ : http://www.ceatec.com/ja/
オムロン出展位置 : ホール3 社会ゾーン

詳細情報

オムロンブースでの出展内容に関する詳細情報は以下のホームページでご紹介いたします。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約38,000名の社員を擁し、110を超える国や地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、 https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
コーポレートコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175