"Sysmacオートメーションプラットフォーム" 多機能型小型インバータMX2シリーズV1タイプを発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2012年
  4. "Sysmacオートメーションプラットフォーム" 多機能型小型インバータMX2シリーズV1タイプを発売

"Sysmacオートメーションプラットフォーム(※)" 多機能型小型インバータMX2シリーズV1タイプを発売

  • 2012年12月20日
  • オムロン株式会社

多機能型小型インバータ MX2シリーズV1タイプ 形3G3MX2-A□□□□-V1

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田義仁)は、下記の新商品を12月27日から発売します。

本商品は2011年7月より順次発売している "Sysmacオートメーションプラットフォーム" の対応商品です。
多機能型小型インバータとして好評の「MX2シリーズ」に新機能を搭載し、V1タイプへリニューアルしました。

多機能型小型インバータ「MX2シリーズV1タイプ」は、従来のMX2シリーズにおける簡易位置制御機能やEtherCATをはじめとする各種ネットワークへの対応(別売り通信オプションユニット使用)といった特徴的な機能はそのままに、近年世界各国で広がりつつあるモータの効率規制に対応して、高効率なPMモータの制御機能を新たに搭載したものです。加えて、簡単なシーケンス制御であればインバータでの単体運転が可能となる、簡易プログラミング機能も搭載。マシンコントロールに最適な制御を柔軟かつ簡単に行えるようになりました。

"Sysmacオートメーションプラットフォーム" では、マシンオートメーションコントローラ NJシリーズを中心に、EtherCAT通信で様々な機器が簡単につながる姿を目指しています。これまでに、ACサーボモータ/リニアモータ/ドライバ、インバータ、視覚センサ、変位センサ、I/Oターミナルを接続し、省配線、管理の一元化を可能にしてきました。今回、多機能型小型インバータMX2シリーズのV1タイプへのリニューアルにより、さらなるマシン構築の利便性が広がります。当社では、お客様の生産革新に貢献する "Sysmacオートメーションプラットフォーム" 対応商品のラインナップを今後も拡充していく予定です。

  • (※)Sysmacオートメーションプラットフォーム
    "One Connection" により、マシンオートメーションコントローラを核に、入力機器から出力機器をシームレスにつなぎ、機械全体の制御をひとつのコントローラで実現するもの。また、IEC 61131-3に準拠し、"One Software" によりプログラミング機能、モーション動作設計機能、ネットワーク設定機能など接続機器をひとつのソフトウェアで対応することによりユーザに生産性革新を提供するもの。

主な特長

  1. PMモータ制御に対応し、省エネ化推進に貢献
    世界各国で広がりつつあるモータの効率規制に対応し、高効率なPMモータ制御を実現しました。これにより、PMモータの採用が可能となり、マシンコントロールのさらなる省エネ化に貢献します。

  2. 簡易プログラミング機能を搭載し、インバータ単体運転が可能
    当社ツールソフトCX-Drive*1を用いて「MX2シリーズV1タイプ」をプログラミングすることができます。プログラム言語も2種類サポートしており、簡単なシーケンス制御がインバータ単体で実現可能。機械の設計仕様に柔軟に対応できます。

    *1. CX-Drive Ver.2.80より対応します。また、使用にあたってはパスワードが必要です。

  3. フィードバックパルスの取り込みによる簡易位置制御が可能
    エンコーダからのフィードバックパルスを取り込むことで、負荷が大きい場合でも移動量(停止位置)のズレを抑制できます。位置決めしたいポイントは、8ポイントまで「MX2シリーズV1タイプ」本体に設定可能。位置検出用のセンサやリミットスイッチが削減できます。

  4. フィードバックパルスの取り込みによるV/f制御が可能
    エンコーダからのフィードバックパルスを速度情報として取り込むことで、簡単に速度の制御ができます。

  5. EtherCAT通信をはじめとする各種ネットワークに対応
    別売りの通信オプションユニットを装着することで、超高速通信EtherCATだけでなく、DeviceNetやCompoNetにも接続できます。アプリケーションに応じたネットワークの選択が可能となり、設計の自由度が広がります。

  6. ローコストな制御システムを簡単に構築可能
    シリアル通信RS-485を標準で搭載し、Modbus-RTU通信が可能です。当社のプログラマブルコントローラ「CP1E CPUユニット」、プログラマブルターミナル「NBシリーズ」と組み合わせることでローコストな制御システムを簡単に構築することができます。

主な仕様

形式 電源仕様・容量 標準価格(税抜)
形3G3MX2-A2□□□-V1 三相AC200V  0.1kW~15kW ¥55,000~430,000
形3G3MX2-A4□□□-V1 三相AC400V  0.4kW~15. kW ¥124,000~620,000
形3G3MX2-AB□□□-V1 単相AC200V  0.1kW~2.2kW ¥60,000~150,000

お客様からの詳細お問い合わせ先

オムロン株式会社  インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
オートメーションシステム統轄事業部
インバータ事業推進部  池野 (担当:橘) (TEL:(+81) 075-344-7233)

  • Sysmacは、オムロン株式会社製FA機器製品の日本及びその他の国における商標または登録商標です。
  • EtherCAT®は、ドイツのベッコフオートメーション株式会社がライセンスを供与した登録商標であり、特許取得済みの技術です。
  • DeviceNet™、CompoNet™はODVAの商標です。
  • その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。
報道関係のお問合せ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
広報担当 中嶋
TEL: 03-6718-3581