「TECHNO-FRONTIER 2012」に出展 ~2つのブースで、最新の制御技術と電源システムを展示~ | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2012年
  4. 「TECHNO-FRONTIER 2012」に出展 ~2つのブースで、最新の制御技術と電源システムを展示~

「TECHNO-FRONTIER 2012」に出展
~2つのブースで、最新の制御技術と電源システムを展示~

  • 2012年6月11日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田義仁)は、2012年7月11日(水)~7月13日(金)の3日間、東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)にて開催される「TECHNO-FRONTIER 2012」の第5回 メカトロニクス制御技術展および第27回 電源システム展に出展します。

第5回 メカトロニクス技術展では、2011年7月より順次発売している"Sysmacオートメーションプラットフォーム*1"対応の商品を入力機器から制御、出力機器まで最新ラインアップで展示します。"最高の生産機械をつくる"ことを目標に開発されたSysmacマシンオートメーションコントローラNJシリーズをはじめ、マシンオートメーションの手足となるリニアモータやインバータなどの最新商品もご覧いただけます。
また、Sysmac商品を搭載した実物の機械モデルを合わせて展示しますので、高速・高精度な制御と高信頼性を両立したパフォーマンスを実感していただけます。

第27回 電源システム展では、2011年11月の発売以降ご好評をいただいている基板型電源S8EXシリーズや、新たに高調波抑制機能付きタイプ*2が加わったユニット型電源S8JXシリーズなど、次々に拡充している電源のラインアップを一堂に展示します。また、海外進出でも安心なグローバルサポート体制やデリバリーなどお客様のビジネスにお役立ちする内容もご紹介します。
制御盤から装置まで、幅広くご利用いただけるオムロンのスイッチング電源をぜひご覧ください。

*1 Sysmacオートメーションプラットフォーム
"One Connection"により、マシンオートメーションコントローラを核に、入力機器から出力機器をシームレスにつなぎ、機械全体の制御をひとつのコントローラで実現するもの。また、IEC 61131-3に準拠し、"One Software"によりプログラミング機能、モーション動作設計機能、ネットワーク設定機能など接続機器をひとつのソフトウェアで対応することによりユーザに生産性革新を提供するもの。

*2 高調波抑制機能付きタイプ
一般的にスイッチング電源やインバータ機器で発生するとされる高調波電流を抑制する機能を付加したタイプ。IEC61000-3-2など規制への適合が要求される場合等に使用できます。

Sysmacは、オムロン株式会社FA機器製品の日本およびその他の国における商標または登録商標です。

EtherCAT®は、ドイツのベッコフオートメーション株式会社がライセンスを供与した登録商標であり、特許取得済みの技術です。

第5回 メカトロニクス制御技術展

<ブース番号>

東京ビッグサイト 東4ホール No.4H-301

<主な出展商品>

第27回 電源システム展

<ブース番号>

東京ビッグサイト 東4ホール No.6C-201

<主な出展商品>

お客様からのお問い合わせ先

第5回 メカトロニクス制御技術展
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
オートメーションシステム統轄事業部
担当:北島
TEL:075-344-7084

第27回 電源システム展
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
産業機器統轄事業部 販促部
担当:民野
TEL:075-344-7107

報道関係のお問合せ先
オムロン株式会社
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
広報担当 中嶋
TEL: 03-6718-3581