電源環境の悪い現場で安定した電源を確保する 交流安定化電源装置(CVCF)「RE60FW2」「RE100FW2」を発売 | オムロン
  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2012年
  4. 電源環境の悪い現場で安定した電源を確保する 交流安定化電源装置(CVCF)「RE60FW2」「RE100FW2」を発売

電源環境の悪い現場で安定した電源を確保する
交流安定化電源装置(CVCF)「RE60FW2」「RE100FW2」を発売

  • 2012年3月1日
  • オムロン株式会社

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田 義仁、以下オムロン)は、交流安定化電源装置(CVCF)「RE60FW2」および「RE100FW2」を下記のとおり発売します。

商品名 型式 メーカー希望小売価格 発売日
交流安定化電源装置 RE60FW2 ¥113,400(税抜¥108,000) 2012年4月18日
RE100FW2 ¥144,900(税抜¥138,000)

RE60FW2/RE100FW2RE60FW2/RE100FW2

製造現場では、検査ラインや生産ラインなど電圧変動の激しい場所でもラインを正常に稼動させるため、安定した電源の供給が求められます。また、電気試験においては、様々な電圧、周波数の提供が必要となります。このような製造現場のニーズにお応えするのが交流安定化電源装置(CVCF)です。
交流安定化電源装置は、入力電源に含まれるノイズを取り除き、常に一定の電圧、一定の周波数を供給します。

今回発売する交流安定化電源装置RE60FW2/RE100FW2は、2006年9月に発売したRE60FW/RE100FWの後継機種です。「機能を集約、小型化/軽量化、低価格」といった製品コンセプトはそのままに、入力周波数範囲をより広くした非同期モードを搭載することで、対応領域を拡大いたしました。これにより発電機などを用いた電源環境の悪い現場でもご使用いただけるようになりました。

オムロンは、無停電電源装置(UPS)と合わせ、機能を集約した交流安定化電源装置を発売することで、製造現場などにおける電源トラブルの解決に役立つ商品ラインナップを拡充し、製造現場の安定稼動、生産性向上に貢献していきます。

ターゲットユーザ

  • 検査ライン、製造ライン等電圧変動の激しい場所で安定した電源を必要とされるユーザ
  • 様々な電圧、周波数で電気試験をされるユーザ
  • 発電機などによる電源環境の悪い現場で安定した電源を必要とされるユーザ

販売目標台数

RE60FW2/RE100FW2(2機種合計)・・・1,000台/年

RE60FW2/RE100FW2の主な特長

広い入力電圧範囲に対応(入力電圧範囲は75~143V)
  • 常時インバータ給電方式のため、入力電圧の変動に影響を受けず出力電圧は常に安定。また広い入力電圧範囲(75~143V)のため、電圧変動の激しい場所でも使用可能。
周波数の非同期運転が可能(非同期モード時の入力周波数範囲は40~70Hz)
  • 発電機などの周波数が変動する環境でも安定した周波数で出力します。
100V系の4種類(100V/110V/115V/120V)の電圧出力可能
  • 出力電圧は4種類(100V/110V/115V/120V)設定可能ですので、幅広い用途にご使用いただけます。
万一の制御不能な故障時も電力供給を継続できるバイパス機能搭載
  • 制御不能な故障が発生した場合でも接続機器に電力供給を継続できるバイパス機能を標準装備しています。
小型軽量、横置き/縦置き可能なため設置や持ち運びが簡単
  • 小型軽量、横置き/縦置き可能であるためレイアウトフリーです。縦置きスタンドも標準添付しています。
製品無償保証期間が3年と長い
  • 万一故障が発生した場合でも、本体3年保証により保守コストが低減できます。

主な仕様(以下の仕様は予告無く変更する場合があります)

型式 RE60FW2 RE100FW2
運転方式 常時インバータ給電方式
交流入力 起動電圧範囲 AC85±2~146±2V
入力電圧範囲 AC75±2~143±2V (90%以下の負荷接続時)
AC85±2~143±2V (90%以上の負荷接続時)
入力周波数 同期モード:50/60Hz±5Hz
非同期モード:40~70Hz
最大電流 7.5A 12A
相数 単相2線(アース付)
入力プラグ形状 3P(NEMA5-15P)
交流出力 出力容量 600VA/480W 1000VA/800W
商用直送(切替時間) 無瞬断
出力電圧 100Vモード:100V±2%、 110Vモード:110V±2%
115Vモード:115V±2%、 120Vモード:120V±2%
出力周波数 同期モード:入力周波数に同期
非同期モード:50/60Hz±0.5Hz
出力波形 正弦波
波形歪率 3%以下(抵抗負荷、定格出力時)
6%以下(整流負荷、定格出力時)
出力コンセント 3個(NEMA5-15R)
外形寸法(W×D×Hmm) 220×500×85(突起物除く)
縦置き/横置き 可能
本体質量 6kg
使用環境温度/湿度 -10~55℃/10~90%RH(無結露)
保管環境温度/湿度 -20~55℃/10~90%RH(無結露で保管のこと)
ノイズ規制 VCCIクラスA
安全規格/RoHS指令適合 RoHS対応
通信インタフェース シリアル通信(RS-232C)/接点
保証期間 本体3年間
【用語解説】
CVCF  交流安定化電源装置 Constant-Voltage Constant-Frequency
◎機能  入力電源に含まれるノイズを取り除き、常に一定の電圧、一定の周波数で供給します。
AVR   定電圧電源装置 Automatic Voltage Regulator
◎機能  CVCFに対し、定電圧機能のみで、一般的には周波数安定化機能はない。

※UPSとの違い

  • 通常運転時、インバータを経由して出力するのはUPSと同じですが、停電時にバッテリからのバックアップ機能の有無が異なります。
  • バッテリを搭載していないため、小型軽量、メンテナンスフリーです。
当リリースに関するお問い合わせ先
オムロン株式会社 電子機器事業本部 企画室 小島 幸雄
〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル7F
TEL: 03-6718-3641
当商品に関するお問い合わせ先
オムロン株式会社 電子機器事業本部 営業部
〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル7F
TEL: 03-6718-3630
オムロン電子機器事業本部サイトはこちら