omron

「フォルフェウス」とは?

「フォルフェウス」とは?

「人と機械が融和する未来」を
体現した最新技術

フォルフェウスは、機械が人の能力を引き出す「融和」の世界を体現した、オムロンの最新技術。オムロンが目指す人と機械の未来を、卓球のラリーを通じて体感することができます。

フォルフェウス(FORPHEUS)という名前は、“Future Omron Robotics technology for Exploring Possiby of Harmonized aUtomation with Sinic theoretics”の頭文字。独自の未来予測理論「SINIC理論」に基づく、オムロンのロボット技術を表現した造語です。「For(向かう)」、「ORPHEUS(人間の創造性を象徴するギリシャ神話の吟遊詩人)」という言葉の組み合わせでもあり、人間の創造性や可能性を引き出すオムロンの姿勢を表しています。

人と機械の関係は過去から未来へと三つの段階があるとオムロンは考えています。 

人が担わなくてよい仕事を機械に「代替」させる段階。オムロンの工場自動化や自動改札機などの事業の歴史もこれに該当します。


現在世界的に進んでいるのが、人と機械の両者が「協働」する段階。例えば、工場の生産ラインで人と組み立てロボットが共存し、互いの適性を最適に発揮して生産性を高めるというものがこれにあたります。また、オムロンの「ぶつからないクルマ社会」を目指した衝突防止技術も、人と機械が協調して安心・安全や快適性を実現している一つの事例です。

そして今、人と機械が「融和」して人の能力が拡張される関係となりつつあります。機械が社会の中に広く融け込み、そしてその機械の支援を得て人間の能力や可能性が拡がります。このフォルフェウスのように、人の能力や可能性を引き出す機械が、あらゆる分野に生まれてきます。

フォルフェウスは、機械が人の能力を引き出す「融和」の世界を体現した、オムロンの最新技術。オムロンが目指す人と機械の未来を、卓球のラリーを通じて体感することができます。

フォルフェウス(FORPHEUS)という名前は、“Future Omron Robotics technology for Exploring Possiby of Harmonized aUtomation with Sinic theoretics”の頭文字。独自の未来予測理論「SINIC理論」に基づく、オムロンのロボット技術を表現した造語です。「For(向かう)」、「ORPHEUS(人間の創造性を象徴するギリシャ神話の吟遊詩人)」という言葉の組み合わせでもあり、人間の創造性や可能性を引き出すオムロンの姿勢を表しています。

人と機械の関係は過去から未来へと三つの段階があるとオムロンは考えています。 

人が担わなくてよい仕事を機械に「代替」させる段階。オムロンの工場自動化や自動改札機などの事業の歴史もこれに該当します。

現在世界的に進んでいるのが、人と機械の両者が「協働」する段階。例えば、工場の生産ラインで人と組み立てロボットが共存し、互いの適性を最適に発揮して生産性を高めるというものがこれにあたります。また、オムロンの「ぶつからないクルマ社会」を目指した衝突防止技術も、人と機械が協調して安心・安全や快適性を実現している一つの事例です。

そして今、人と機械が「融和」して人の能力が拡張される関係となりつつあります。機械が社会の中に広く融け込み、そしてその機械の支援を得て人間の能力や可能性が拡がります。このフォルフェウスのように、人の能力や可能性を引き出す機械が、あらゆる分野に生まれてきます。


未来の人と機械の関係を象徴するフォルフェウス。最先端技術を取り込みながら、進化をつづけていきます。

人と機械の最適な調和


未来の人と機械の関係を象徴するフォルフェウス。最先端技術を取り込みながら、進化をつづけていきます。

世界初、機械が人の能力を引き出す最新技術

「フォルフェウス」のスゴ技

フォルフェウスは、人と機械が、ラリーを継続することによって、楽しみながら、
だんだんと人が上手になれるように、様々なスゴ技を備えています。
そのスゴ技をCEATEC JAPAN 2015で展示したフォルフェウスで紹介します。
更に、今年のCEATECに向けて、これまでにない能力を身につけるべく、特訓中!
人の能力や可能性を引き出すこれからのフォルフェウスにご期待ください。

「フォルフェウス」のスゴ技

スゴ技1

スゴ技2

スゴ技3

スゴ技4

スゴ技5

スゴ技1

人のように、
立体的に球をとらえる眼

左右の2つのカメラで、人の眼と同じように立体的にピンポン球を認識。1秒間に80回もの速さで球をとらえています。

×

スゴ技2

球のゆくえを察知する予測能力

1秒間に80回もの計算でピンポン玉の速度や回転を割り出し、軌道を高精度に予測します。

ラリー相手が球を打つと、その瞬間に軌道を計算(赤色の軌道)。軌道上の打ちやすい位置にラケットを動かし、返球します。またフォルフェウス自身が打つ球の軌道も計算(青色の軌道)し、初心者には山なりのボールを打つなど、相手にとって打ちやすい返球スピードや場所を割り出します。

球のゆくえを察知する予測能力

×

スゴ技3

球の打ち方を決める
フォルフェウスの頭脳

球の打ち方を決めるフォルフェウスの頭脳

フォルフェウスがラケットを振るタイミング、方向などを1/1000秒単位で制御します。返球の誤差は、なんとわずか±10cm。コントローラーには、工場でさまざまな生産設備を動かすのに使用されるオムロン製NJシリーズが活用されています。また、起動やモードの切り替えに使うタッチパネルや、モーターを動かすモーションコントローラーなどにも、オムロンの最新技術が応用されています。

×

スゴ技4

脳からの指令を受けて
高速で動く腕

製品の梱包などに使われる産業用ロボット「パラレルリンクロボット」が、フォルフェウスの腕。

5つの軸をもつモーターが、脳からの指令を受けて動き、ラケットを振っています。ラケットを構える、ボールを打つなど、脳の指令を受けた腕を、0.1mm単位でコントロールしています。

×

スゴ技5

どこに球がくるかを
教えてくれる卓球台

返球しようとしている方向や、球の落下地点を、フォルフェウスが実際に球を打つ前に卓球台に表示。ラリー相手が球を返しやすくします。

×

「フォルフェウス」のスゴ技

3代目フォルフェウスのスゴ技を見る

スゴ技1

人のように、
立体的に球をとらえる眼

左右の2つのカメラで、人の眼と同じように立体的にピンポン球を認識。1秒間に80回もの速さで球をとらえています

スゴ技2

球のゆくえを察知する予測能力

1秒間に80回もの計算でピンポン玉の速度や回転を割り出し、軌道を高精度に予測します。

ラリー相手が球を打つと、その瞬間に軌道を計算(赤色の軌道)。軌道上の打ちやすい位置にラケットを動かし、返球します。またフォルフェウス自身が打つ球の軌道も計算(青色の軌道)し、初心者には山なりのボールを打つなど、相手にとって打ちやすい返球スピードや場所を割り出します。

球のゆくえを察知する予測能力

スゴ技3

球の打ち方を決める
フォルフェウスの頭脳

フォルフェウスがラケットを振るタイミング、方向などを1/1000秒単位で制御します。返球の誤差は、なんとわずか±10cm。コントローラーには、工場でさまざまな生産設備を動かすのに使用されるオムロン製NJシリーズが活用されています。また、起動やモードの切り替えに使うタッチパネルや、モーターを動かすモーションコントローラーなどにも、オムロンの最新技術が応用されています。

球の打ち方を決めるフォルフェウスの頭脳

スゴ技4

脳からの指令を受けて
高速で動く腕

製品の梱包などに使われる産業用ロボット「パラレルリンクロボット」が、フォルフェウスの腕。

5つの軸をもつモーターが、脳からの指令を受けて動き、ラケットを振っています。ラケットを構える、ボールを打つなど、脳の指令を受けた腕を、0.1mm単位でコントロールしています。

スゴ技5

どこに球がくるかを
教えてくれる卓球台

返球しようとしている方向や、球の落下地点を、フォルフェウスが実際に球を打つ前に卓球台に表示。ラリー相手が球を返しやすくします。

“人と機械が、ともに成長する” オムロンの最新技術

「フォルフェウス」のスゴ技

ラリーを続けることで楽しみながら卓球を上達させてくれるロボット、フォルフェウス。
プレイヤーの球の軌跡や強さに応じて返球をコントロールする これまでの機能に加え、3代目では、AI(人工知能)技術によって
「機械と人がともに成長する」という新しいスゴ技を身につけました。
プレイヤーの特徴やボールの軌跡を学習して、人をもっと上達に導くラリーを続けられるようになりました。
さらに、ラリーを通じて人と機械の「融和度」を可視化。プレイヤーのやる気を引き出し、これまで以上に人の成長を促します。

「フォルフェウス」のスゴ技

スゴ技1

スゴ技2

スゴ技3

スゴ技4

スゴ技5

スゴ技6

スゴ技7

スゴ技1

立体的に球をとらえ、
人を認識する3つの眼

左右の2つのカメラで、人の眼と同じように立体的にピンポン球を認識。1秒間に80回もの早さで球をとらえています。さらに中央部分にもう一つカメラを追加。人の身体の骨格情報を捉えて、プレイヤーの特徴を認識。上手なプレイヤーか、初心者かを推定します。

スゴ技1

×

スゴ技2

球のゆくえを察知する予測能力

1秒間に80回もの計算でピンポン玉の速度や回転を割り出し、軌道を高精度に予測します。

ラリー相手が球を打つと、その瞬間に軌道を計算(赤色の軌道)。軌道上の打ちやすい位置にラケットを動かし、返球します。またフォルフェウス自身が打つ球の軌道も計算(青色の軌道)し、初心者には山なりのボールを打つなど、相手にとって打ちやすい返球スピードや場所を割り出します。

スゴ技2

×

スゴ技3

人の特徴や球すじを学び、
自ら成長するAI

ラリーを通じ、人の特徴を学習。人の身体情報、球の軌跡、ラケットの振り方などからレベルを判別して、蓄積したデータをもとに返球方法を変え、より一人ひとりに適したラリーを行います。また人では限界があったさまざまな制御や調整も、AIのディープラーニングを用いることで 、返球の精度を±5cmまで向上させることに成功しました。

×

スゴ技4

球の打ち方を決める
フォルフェウスの頭脳

スゴ技4

フォルフェウスがラケットを振るタイミング、方向などを1/1000秒単位で制御します。返球の誤差は、なんとわずか±10cm。コントローラーには、工場でさまざまな生産設備を動かすのに使用されるオムロン製NJシリーズが活用されています。また、起動やモードの切り替えに使うタッチパネルや、モーターを動かすモーションコントローラーなどにも、オムロンの最新技術が応用されています。

×

スゴ技5

脳からの指令を受けて
高速で動く腕

製品の梱包などに使われる産業用ロボット「パラレルリンクロボット」が、フォルフェウスの腕。5つの軸をもつモーターが、脳からの指令を受けて動き、ラケットを振っています。ラケットを構える、ボールを打つなど、脳の指令を受けた腕を、0.1mm単位でコントロールしています。

×

スゴ技6

人と機械の一体感がわかる
融和度ゲージ

プレイヤーの笑顔やラリーでの成長の度合い、フォルフェウスにかかるストレスなどをもとに融和度(シンクロ率)を計算。どれだけラリーを楽しんでいたか、人と機械がどれだけ親密になったかを数値で知ることができます。

スゴ技6

×

スゴ技7

フォルフェウスの思考を伝えるネット

人と機械の融和度や、フォルフェウスからのメッセージをネット部分に表示します。フォルフェウスの意図を伝えたり、プレイヤーへの理解を示したりすることでやる 気を引き出し、さらなる人の成長を促します。

スゴ技7

×

「フォルフェウス」のスゴ技

2代目フォルフェウスのスゴ技を見る

スゴ技1

立体的に球をとらえ、
人を認識する3つの眼

左右の2つのカメラで、人の眼と同じように立体的にピンポン球を認識。1秒間に80回もの早さで球をとらえています。さらに中央部分にもう一つカメラを追加。人の身体の骨格情報を捉えて、プレイヤーの特徴を認識。上手なプレイヤーか、初心者かを推定します。

立体的に球をとらえ、人を認識する3つの眼

スゴ技2

球のゆくえを察知する予測能力

1秒間に80回もの計算でピンポン玉の速度や回転を割り出し、軌道を高精度に予測します。

ラリー相手が球を打つと、その瞬間に軌道を計算(赤色の軌道)。軌道上の打ちやすい位置にラケットを動かし、返球します。またフォルフェウス自身が打つ球の軌道も計算(青色の軌道)し、初心者には山なりのボールを打つなど、相手にとって打ちやすい返球スピードや場所を割り出します。

球のゆくえを察知する予測能力

スゴ技3

人の特徴や球すじを学び、
自ら成長するAI

ラリーを通じ、人の特徴を学習。人の身体情報、球の軌跡、ラケットの振り方などからレベルを判別して、蓄積したデータをもとに返球方法を変え、より一人ひとりに適したラリーを行います。また人では限界があったさまざまな制御や調整も、AIのディープラーニングを用いることで 、返球の精度を±5cmまで向上させることに成功しました。

スゴ技4

球の打ち方を決める
フォルフェウスの頭脳

フォルフェウスがラケットを振るタイミング、方向などを1/1000秒単位で制御します。返球の誤差は、なんとわずか±10cm。コントローラーには、工場でさまざまな生産設備を動かすのに使用されるオムロン製NJシリーズが活用されています。また、起動やモードの切り替えに使うタッチパネルや、モーターを動かすモーションコントローラーなどにも、オムロンの最新技術が応用されています。

球の打ち方を決めるフォルフェウスの頭脳

スゴ技5

脳からの指令を受けて
高速で動く腕

製品の梱包などに使われる産業用ロボット「パラレルリンクロボット」が、フォルフェウスの腕。5つの軸をもつモーターが、脳からの指令を受けて動き、ラケットを振っています。ラケットを構える、ボールを打つなど、脳の指令を受けた腕を、0.1mm単位でコントロールしています。

スゴ技6

人と機械の一体感がわかる
融和度ゲージ

プレイヤーの笑顔やラリーでの成長の度合い、フォルフェウスにかかるストレスなどをもとに融和度(シンクロ率)を計算。どれだけラリーを楽しんでいたか、人と機械がどれだけ親密になったかを数値で知ることができます。

人と機械の一体感がわかる融和度ゲージ

スゴ技7

フォルフェウスの思考を
伝えるネット

人と機械の融和度や、フォルフェウスからのメッセージをネット部分に表示します。フォルフェウスの意図を伝えたり、プレイヤーへの理解を示したりすることでやる 気を引き出し、さらなる人の成長を促します。

フォルフェウスの思考を伝えるネット

進化したフォルフェウスでは、どんな技術が使われているのか?
いったい何が出来るようになったのか?徹底解説します。

フォルフェウスには、
オムロンの「SINIC 理論」が
息づいています。

「SINIC理論」とは、オムロンの創業者・立石一真が、情報化社会の出現など21世紀前半までの社会シナリオを高い精度で予測した画期的な未来予測理論です。1970年の発表以来、オムロンの経営の羅針盤であり続け、未来の人と機械の関係を象徴するフォルフェウスのコンセプトは、この理論から生まれました。


SINICは、“Seed-Innovation to Need-Impetus Cyclic Evolution”の頭文字。「SINIC理論」では、“科学”と“技術”と“社会”の間には円環論的な関係があり、異なる2つの方向から互いにインパクトを与えあっているとしています。新しい科学が新しい技術を生み、それが社会へのインパクトとなって社会の変えていくエンジンとなる。逆に社会のニーズが新しい技術の開発を促し、それが新しい科学を生み出す。このふたつが互いに関係しあって、よりよい未来の社会に寄与するという理論です。そして、21世紀前半を、人間と機械が理想的に調和した社会であり、生産性や効率の追求に代わって、人間としての生き方や自己実現が重要となる「自律社会」と定義。そのとき人間は、健康で幸せに長生きしたい、快適な生活を送りたいなど、より本質的な欲求を重要視するようになると予測しています。

オムロンでは、「SINIC理論」が示す未来社会へ向け、さまざまな領域の社会課題に取り組み、コア技術である“Sensing & Control + Think”によって、その解決を目指しています。

SINIC理論

×

現場から必要な情報を取り出し(Sensing)

現場で蓄積したデータを
オムロン独自の知見を用いる(+Think)

現場にソリューションを提供(Control)する

2033年の社会をつくる!
フォルフェウスの
開発リーダーに迫る

フォルフェウスの開発をリードしてきた3人に、
技術の未来像、フォルフェウス開発時の想いややりがいについて聞いてみました。

フォルフェウス成長の軌跡~ラリーする卓球ロボットから、AIで人と共に成長する存在に~
【第1回】6か月で、人と一緒に目標を達成する機械を開発せよ!
【第2回】機械が人のやる気を引き出す未来を現実のものに
【第3回】AI(人工知能)を使えば、人と機械は互いに成長できる

機械と一緒なら、人はもっと幸せになれる

家族の絆を強める、
ある父と娘のエピソード

フォルフェウスに関するお問い合わせ先は
こちら