omron

卓球ロボットを実現する情報処理技術
~画像処理から人工知能まで~

オムロンは、コア技術「センシング&コントロール+Think」の象徴として、人とラリーを行うことのできる卓球ロボットの開発を行っている。
卓球ロボットのなかで使われている、ボールの3次元位置を高速かつ正確にセンシングする技術、センシング情報をロボット自ら行動を思考する技術、そして、正確にロボットを制御する技術について紹介する。
ロボットとのラリーを通じて人間の成長を促すために、100人以上のラリーデータを収集し、Recurrent Neural Networkを用いて学習させることで、相手プレイヤーの熟練度に応じた返球を可能にしている。
この行動計画のためのプレイヤー熟練度推定技術についても紹介する。


※詳細をご覧いただくには、フォームにご入力の上、「詳細を見る」ボタンを押してください。

お客様の個人情報の取り扱いについて
  • オムロン株式会社は、当フォームにてお客様からご提供いただいた個人情報をお客様からのご依頼に基づくお問い合わせへの対応および 確認などに利用させていただき、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。
  • オムロン株式会社は、当フォームにてお客様からご提供いただいたメールアドレスに最新の技術情報をお届けすることがあります。
  • お問い合わせに対し、適切な回答をするために、オムロングループ企業に個人情報を含むお問い合わせ内容を転送することがございます。
  • お客様の個人情報は、適切な安全対策のもと管理し、原則としてお客様の同意なく上記の場合を除き第三者への開示・提供はいたしません。
  • その他、オムロン株式会社の個人情報の取り扱いに関する考え方についてご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

技術資料に関するお問い合わせ先は
こちら