omron

"現場発のloT"を実現する新たな機器群
オムロン株式会社 水原 晋

出典元 : 工場管理4月臨時増刊号 2017年4月号掲載

近年製造業を取り巻く環境は、グローパルレベルで過去にない変化にさらされている。新興市場の台頭による消費地の変化、短命化するプロダクトライフサイクル、ユーザーの安全意識・環境意識向上、グローパルボーダーレスの価格競争など整理するなら「つくる場所の変化」「つくるモノの変化」「つくり方の変化」とでもいえようか。日本製造業の強みといわれてきた現場力も、この大きな変化の中で求められている。
従来、多くの製造業は国内のマザー工場に熟練生産技術者、保全者を集め、形式知化されたメソッドをサテライト工場に移転することで知の結集・修練・維持・守秘を可能にしていた。しかし、近年のグローパル競争下においてスピード面などあらゆる部分で優位性の確保が困難になってきている。
オムロンでは60年以上にわたるファクトリーオートメーション(FA)業界での経験に、インダストリー4.0やIoTのエッセンスを取り入れ、「現場発のIoT」と称した新たなる機器の市場投入と価値の提案を行っている。本稿では、「現場発のIoT」を実現するステップとその第一歩につながる技術・商品を紹介する。


※詳細をご覧いただくには、フォームにご入力の上、「詳細を見る」ボタンを押してください。

お客様の個人情報の取り扱いについて
  • オムロン株式会社は、当フォームにてお客様からご提供いただいた個人情報をお客様からのご依頼に基づくお問い合わせへの対応および 確認などに利用させていただき、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。
  • オムロン株式会社は、当フォームにてお客様からご提供いただいたメールアドレスに最新の技術情報をお届けすることがあります。
  • お問い合わせに対し、適切な回答をするために、オムロングループ企業に個人情報を含むお問い合わせ内容を転送することがございます。
  • お客様の個人情報は、適切な安全対策のもと管理し、原則としてお客様の同意なく上記の場合を除き第三者への開示・提供はいたしません。
  • その他、オムロン株式会社の個人情報の取り扱いに関する考え方についてご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。