基金について|公益財団法人 京都オムロン地域協力基金|社会貢献活動(地域社会とオムロン)|オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. みんなの社会貢献活動
  4. 地域貢献
  5. 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金
  6. 基金について

基金について

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

基金の概要

当基金は、1984年に設立された(財)伏見信用地域協力基金から継承してきた基本財産による運用益と、立石信雄氏から寄付されたオムロン株式20万株の配当金収入、オムロン株式会社からの寄付金をもとに、京都府を対象にした公益目的事業を行っています。
具体的には、年1回「京都ヒューマン賞」として個人や団体の方々を顕彰するとともに、当基金の目的に沿う活動をされる方々への助成支援をおこなっています。

名称 公益財団法人 京都オムロン地域協力基金
KYOTO OMRON COMMUNITY FOUNDATION
所在地 〒600-8234 京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801 オムロン京都センタービル内
TEL : 075-343-7211 / FAX : 075-365-7234
理事長 立石 文雄(オムロン株式会社 取締役会長)
趣旨沿革 1984年3月、(財)伏見信用地域協力基金として設立し、その後(財)京都みやこ地域協力基金を経て2000年12月に(財)京都オムロン地域協力基金として事業を継承。
2011年10月に公益財団法人京都オムロン地域協力基金に名称変更し、今日に至っています。
目的 京都府において、地域福祉の向上、青少年の健全育成等のコミュニティ活動に関する事業を行い、もって地域社会の振興発展に寄与することを目的としています。

事業内容

顕彰事業・・・京都ヒューマン賞

当財団の事業目的である地域の社会福祉、青少年の健全育成、女性の地位向上や社会参加、生活環境・地球環境等の整備の分野を中心として広く社会に貢献され、顕著な功績のあった個人および団体の方々を顕彰しています。

  • 個人対象 : ヒューマン大賞
  • 団体対象 : ヒューマンかざぐるま賞
助成事業

本事業は、当財団の事業目的と合致し、京都府内で社会貢献活動をされている団体や個人に対し、少額助成を行うものです。助成対象となる活動分野以下の通りです。

  • 地域の社会福祉に関する活動への助成
  • 青少年の健全育成運動への助成
  • 女性の地位向上や社会参加活動への助成(子育て支援や男女共同参画など)
  • 生活環境・地球環境の整備等に関する活動への助成
※文化・芸術、スポーツ等の分野は対象外ですが、上記を主たる目的とする場合には助成対象となります。

業務・財務等に関する資料

公益財団法人の業務・財務に関する資料
定款 <PDF 268kb>
  2015年度 2016年度
事業計画書 <PDF 257kb> <PDF 193kb>
収支予算書・収支予算書内訳表 <PDF 136kb> <PDF 180kb>
事業報告書 <PDF 266kb>  
計算書類(全ページ) <PDF 392kb>  
貸借対照表 <PDF 56kb>  
正味財産増減計算書・正味財産増減計算書内訳表 <PDF 149kb>  
財務諸表に対する注記事項 <PDF 86kb>  
附属明細書 <PDF 41kb>  
財産目録 <PDF 81kb>  

評議員・役員

評議員
評議員 友久 久雄 龍谷大学 客員教授
評議員 平井 紀夫 認定NPO法人
全国被害者支援ネットワーク 理事長
評議員 吉田 誠司 弁護士
評議員 石原 仁司 オムロン株式会社 総務部長
役員
理事長 立石 文雄 オムロン株式会社 取締役会長
専務理事 宮川 博司 前オムロン株式会社 執行役員 取締役室長
理事 井上 摩耶子 株式会社ウィメンズカウンセリング京都 代表取締役
理事 上杉 孝實 京都大学 名誉教授
理事 岡本 民夫 同志社大学 名誉教授
理事 木下 博夫 公益財団法人 国立京都国際会館 館長
理事 齊藤 修 株式会社 京都新聞ホールディングス 顧問
監事 草木 慶治 元京都府 副知事
監事 千森 秀郎 弁護士

お問い合わせ先

公益財団法人 京都オムロン地域協力基金
事務局長 小嶋 進
TEL : 075-343-7211 FAX : 075-365-7234
e-mail : susumu_kojima@omron.co.jp

このページの上へ