特許第3850311号
使用環境を踏まえた電子機器の寿命予知

実際に使用されている環境に基づいて電源等の電子機器の寿命を計算・交換時期をお知らせし、生産ライン・生産設備の予防保全を可能にする主要特許

発明の背景

生産ライン、設備の突然のダウンによる製品不良、データ消失、生産遅れは、生産現場においては非常に大きな問題です。そこで、あらゆる生産ライン、設備装置を稼働するための心臓ともいえる電源の寿命を把握して、早めに交換する等の予防保全が望まれます。
予定寿命から使用時間を差し引いて交換時期をお知らせするものもありますが、寿命は使用環境によって異なるため、正確な交換時期をお知らせすることができません。

発明の概要

電子機器(例:電源)の回路部品の中で最も寿命が短いのは電解コンデンサです。この発明では実際にその電子機器が使われている環境を踏まえた電解コンデンサの残りの寿命を算出して、寿命と交換時期をお知らせします。
この発明を使うことで、従来よりも正確な寿命をお知らせすることができるので寿命まで使い切ることができます。また、突然の設備ダウンの防止だけでなく、余裕をみて交換するのに比べてメンテナンスコストを削減でき、省資源にも貢献します。

発明の概要イメージ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。