特許第3151830号
バックライトの拡散パターン配置

液晶表示装置や照明装置などに用いられる高効率バックライトに関する主要特許
~平成15年度全国発明表彰(日本経済団体連合会会長発明賞)受賞~

発明の背景

携帯電話や液晶テレビのような液晶表示装置の液晶の背面に取り付ける光源をバックライトといい、画面を見やすくするためには欠かせないものです。特に携帯電話ではコンパクトな構造で長時間利用できるようにするため、少ない光源でムラなく均一に明るく照らすことが求められています。

発明の概要

この発明は、導光板の底面(光出射面と反対側)のほぼ全面に形成された拡散パターンの形状により光を制御して出射し、バックライトの光の利用効率を高め、光出射面の輝度分布を均一化するものです。

発明の概要イメージ

光を制御して設計するというこの発明の設計思想は、現在のオムロンのバックライト事業の礎になっています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。