特許第3846098号 絶縁空間内に調整バネを配置した電磁リレー|企業情報|オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. 知的財産情報
  4. オムロンの主要な特許
  5. 絶縁空間内に調整バネを配置した電磁リレー

特許第3846098号
絶縁空間内に調整バネを配置した電磁リレー

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

多接点機構部から独立した空間を不要とすることで小型化を実現する電磁リレー構造の主要特許

発明の背景

動作特性を調整できる調整バネを内蔵したリレーでは、多極接点機構部から独立した空間に調整バネを配置していたので、調整バネ専用のスペースを確保する必要があり、リレーの小型化が困難でした。
一方、高電圧回路(1次側)と低電圧回路(2次側)とを開閉することを目的とするような多極リレーでは、接点機構部間に強化絶縁が要求されます。

発明の概要

移動方向に隣り合う接点機構部の間に、絶縁空間を形成し、この絶縁空間内に、動作特性を調整する調整バネを配置しています。

(図面3枚)


これにより、強化絶縁が可能になり、かつ、絶縁空間を調整バネの配置に有効活用できるので、小型で絶縁特性に優れた電磁リレーを提供することができます。

このページの上へ