特許第4894961号 I/Oリフレッシュの定周期実行|企業情報|オムロン

 

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. 知的財産情報
  4. オムロンの主要な特許
  5. I/Oリフレッシュの定周期実行

特許第4894961号 I/Oリフレッシュの定周期実行

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

ロジック制御とモーション制御を統合したマシンオートメーションコントローラにおける高速、高精度なマシン制御に関する主要特許

発明の背景

機械、設備などの動作を制御するために用いられるプログラマブルコントローラ(PLC)は、フィールドネットワークを経由してサーボモータドライバのような制御対象機器と直接通信する場合においては、モータを高精度に制御するために一定周期で出力信号を送出できることが必要です。

発明の概要

この発明は、入力データを使用して出力データを生成するユーザプログラムの実行を以下の順序で行われるように制御サイクル内の処理をスケジューリングするものです。

  • ユーザプログラムの実行が終了した制御サイクルの次の制御サイクルにおいて、通信回路による出力データの送信および入力データの受信の後に、ユーザプログラムを実行する。
  • もし、ユーザプログラムの実行が制御サイクル内に終了しなかった場合は、次の制御サイクルにおいて未実行の部分を実行する。

この発明により、モーション命令起動時などの一時的な周期超過を気にすることなく制御周期の設定が可能になるため、通常サイクルの実行時間に合わせて制御周期の設定が行えるようになり制御周期を短く設定できるようになります。

このページの上へ