特許第4775516号
無駄な電力消費を抑制する制御方法

複数設備を有するラインにおいて無駄な電力消費を抑制する「省エネ」に関する主要特許

発明の背景

近年、CO2削減に関する意識の高まりから、工場における電力消費の抑制が求められています。一般的に、工場や作業場に設置されているラインにおいては、複数の設備が配置されており、搬送されるワークに対して各設備が加工、組立、検査等の各処理を行うようになっています。
この発明は、そのような現場に合った動作により省エネを実現しようというものです。

発明の概要

この発明は、複数の設備を有するラインにおいて無駄な電力消費を抑制することの可能な制御装置、制御方法を提供することを目的としています。

ワークに対して複数の設備の各々が順に処理を実行するラインを制御する制御装置。

  • 設備Aの電力量を監視する。
  • 設備Aの電力量に基づいて設備Bの電源を制御する。

発明の概要イメージ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。