従業員との対話:従業員とともに | 社会 | CSR(企業の社会的責任) | オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. CSR(企業の社会的責任)
  4. 社会
  5. 従業員とともに
  6. 従業員との対話

従業員との対話

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

社長と直接対話の場「The KURUMAZA」

『社員との対話を通じて相互理解を深め、企業理念をオムロン発展の原動力にする』ことを目的に、社長が社員と直接対話する場として、「The KURUMAZA」を企画・実施しています。2015年度は国内で実施しました。

山田社長と直接対話した社員からは、「企業理念の重要性、議論する風土の必要性を感じるとともに、社長の人となりを知るよい機会となった」「日常の悩みへの、具体的なアドバイスがもらえた」などの声があがっています。

一方、山田社長も、「KURUMAZAは事業の最前線で頑張っている社員の抱える事実、課題、悩み、意見を知ることができる場であり、また私という人間を知ってもらうことのできる場である。参加者にとっては職場の課題や自身がやりたいことなど、自由な意見交換の場にしたい。社員と直接交流を持ち、意見交換をすることが、私の大きなエネルギーになる」と話し、今後も継続的にグローバル拠点で実施する予定です。

インターネットの社内情報サイト「ON net」

オムロンでは2008年からグループ社員を対象に社内情報サイト「ON net」を立ち上げ、全社のビジョン・戦略の共有や組織間の連結を促進するためにグローバルで展開しています。

「ON net」は、経営層からのメッセージやグループの動向をタイムリーに伝えるニュースなど、さまざまなコンテンツで構成しています。2011年度からスタートしたオムロングループの長期ビジョンVG2020の基本情報に加え、取り組みの進捗も逐次掲載しています。

また、各事業部門の活動や、新入社員やグローバルでのキャリア採用者の紹介、オムロングループの先端技術など事業に関連するサイトのほか、オムロンが協賛する京都マラソンなどのスポーツイベントに関するサイトを設けることにより、コミュニケーションの活性化を目指しています。

多様な人財が異質な視点を生かして活躍し創造的な強い組織をつくるための取り組みであるダイバーシティでは、特に女性の活躍機会の拡大や海外現地でのマネージャ登用を重要なテーマと捉え、情報発信しています。

社内情報サイト「ON net」

このページの上へ