CSR方針 | 企業理念・CSR方針 | CSR(企業の社会的責任) | オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. CSR(企業の社会的責任)
  4. 企業理念・CSR方針
  5. CSR方針

CSR方針

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

CSRの取り組み方針

オムロンは社会の持続的発展に貢献するために3つのCSR取り組み方針を掲げています。

  • 事業を通じてよりよい社会をつくること
    ソーシャルニーズを創造し、優れた技術、製品、サービスを提供し続けていく。
  • 社会が抱える課題に当事者として自ら取り組むこと
     人権・労働問題や環境問題など、さまざまな社会課題に対し、オムロンの特色を活かした取り組みを行う。
  • 企業活動を進める上で、常に公明正大であること
     法令や社会ルールの遵守はもとより、説明責任を果たし、より透明で公明正大な経営を実践していく。

このページの上へ

ESG課題への取り組み

持続的に企業価値を向上させていくためには、社会・環境問題をはじめとするESG課題に対して積極的・能動的に対応していく必要があるとオムロンは考えています。この考え方の下、2016年度の取締役会運営方針の中で、ESGに関する方針を整理し、実践する仕組みを構築していくことを宣言しました。
現在、オムロンの持続的成長に影響を及ぼす可能性の高いESG課題を特定し、取り組みを進めています。

ESG 重要課題 重点取り組み 参照ページ
社会 ダイバーシティ
  • ●次世代経営者育成
  • 重要経営指標:海外の重要ポジションに占める外国人比率
  • ●女性の活躍推進
  • 重要経営指標:女性管理職比率(グループ国内)
環境 ECOものづくり
  • ●地球環境に貢献する商品・サービスの提供
  • 重要経営指標:環境貢献量
  • ●地球温暖化防止
  • 重要経営指標:グローバル売上高CO2生産性
  • 目標:2020年度に2010年度比で30%向上
ガバナンス コーポレート・ガバナンス
  • ●経営の透明性、公正性を高める制度の強化
  • (取締役会のダイバーシティ・報酬制度)
リスクマネジメント ●グループの「最重要リスク」対策の推進

このページの上へ