沿革|オムロンの歴史|企業情報|オムロン

OMRON

Japan

  1. ホーム
  2. オムロンについて
  3. 企業情報
  4. オムロンの歴史
  5. 沿革

沿革

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
昭和8年5月 (1933) 立石一真が大阪市都島区東野田に立石電機製作所を創業。
レントゲン写真撮影用タイマの製造を開始(創業年月日 昭和8年5月10日)。
昭和20年6月(1945) 京都市右京区花園土堂町に工場を移転。
昭和23年5月(1948) 商号を立石電機株式会社に変更(設立年月日 昭和23年5月19日)。
昭和34年1月(1959) 商標をOMRONと制定。社憲制定。
昭和35年2月(1960) 世界初の無接点近接スイッチを開発。
昭和35年10月(1960) 京都府長岡町(現長岡京市)に中央研究所を竣工。
昭和39年4月(1964) 世界初の電子式自動感応式信号機を開発
昭和42年3月(1967) 世界初の無人駅システムを開発。
昭和43年11月(1968) 英文社名をOMRON TATEISI ELECTRONICS CO.に決定。
昭和44年3月(1969) 世界最小の卓上電子計算機「CALCULET-1200」を発表。
昭和46年6月(1971) 世界初のオンライン現金自動支払機を開発。
昭和47年2月(1972) 日本初の福祉工場であるオムロン太陽株式会社を設立。
昭和58年(1983) 「けんおんくん」を発売。
昭和62年7月(1987) 世界初の超高速ファジィコントローラを開発。
昭和63年9月(1988) オランダに欧州地域統轄会社(OMRON EUROPE B.V.)を設立。
昭和63年10月(1988) シンガポールにアジア・パシフィック地域統轄会社(OMRON ASIA PACIFIC PTE.LTD.)を設立。
平成元年4月(1989) アメリカに北米地域統轄会社(OMRON MANAGEMENT CENTER OF AMERICA,INC.)を設立。
平成2年1月(1990) 社名をオムロン株式会社に変更。
平成3年(1991) インライン検査機器「画匠」を開発。
平成6年5月(1994)  中国に地域統轄会社(OMRON(CHINA)CO.,LTD.)を設立。
平成7年(1995) 車間距離警報装置を開発。
平成8年(1996) 基板はんだ検査装置「VT-WIN」を開発。
平成10年(1998) グローバル紙幣真贋判別装置を開発。
平成11年4月(1999) 事業部制を廃止し、カンパニー制を導入。
平成14年4月(2002) 中国での事業拡大を図るため、地域統轄会社を中国本社に昇格。
平成15年5月(2003) グローバルR&D協創戦略の中核拠点として京都府相楽郡に「京阪奈イノベーションセンタ」を設立。
平成16年5月(2004) 携帯電話搭載の顔認証技術を開発。
平成18年5月(2006) 新企業理念制定。
平成18年5月(2006) 中国上海に制御システムのグローバル中核拠点が開業。
平成19年3月(2007) 生産現場でのセーフティ事業を本格展開。
平成19年6月(2007) 中国における新研究開発拠点を開所。
平成19年9月(2007) 世界初のリアルカラー3次元視覚センサ3次元画像センシングを実用化。
平成21年12月(2009) 専門コンサルタントのノウハウを組み込んだ世界初の省エネルギー自動分析システム「CO2見える化システムene-brain」を発売
平成22年11月(2010) ITを活用した健康管理サービス「ウェルネスリンク」事業を開始
平成23年6月(2011) 長期ビジョンVG2020 (Value Generation 2020)を発表
平成23年7月(2011) 機械制御に必要な機能を統合したマシンオートメーションコントローラ、Sysmac NJシリーズを発売。サポート拠点「オートメーションセンタ」を日本(8月)と中国(9月)に設立。
平成24年1月(2012) インド地域本社(OMRON MANAGEMENT CENTER OF INDIA)を設立
平成24年6月(2012) ブラジル地域本社(OMRON MANAGEMENT CENTER OF LATIN AMERICA)を設立。

このページの上へ