社会システム事業

快適で安全な社会生活を目指し、社会インフラのための多彩なシステムを提供。

社会システム事業は、鉄道向けシステム(自動改札機、券売機など)や、道路交通向けシステム(交通管制システムなど)といった社会インフラを支える様々なシステムを提供している事業です。現在では特に、少子化に伴う鉄道の旅客収入減など、顧客の経営課題の解決に取り組むソリューション事業と、それを支えるソフトウェア事業、保守・メンテナンスなどのサービス事業に注力。さらに、新たなニーズとして顕著となりつつある「安心」「安全」といった社会ニーズ(ソーシャルニーズ)に応えるセキュリティ事業や、ICカード・モバイルをキーにした駅基点サービスの創造にも取り組んでいます。

社会システム事業

次なるニーズを満たすべく、改札機でのネットサービス開始へ。

オムロンは企業の公器性という理念のもと、これまでに、自動改札機や券売機、そして空港のボーディングゲートなど、便利で快適なターミナルづくりに、さまざまな技術やノウハウを提供してきました。特に、駅務システムにおいては、鉄道事業者間での磁気カードやICカードの相互利用に寄与するなど、より便利で安全な社会システムに貢献しています。また、自動改札機を活用して、子供が改札を通過した際に、保護者の携帯電話にメールが飛ぶサービスなど、モバイル普及のトレンドを捉えた新たな取り組みも進めています。

改札機でのネットサービス

交通管理やETC、事故検知などのシステムで、快適なクルマ社会を実現。

快適で安全なクルマ社会づくりにも、オムロンのシステムが大きく貢献しています。車の通行量や渋滞状況といった交通情報を集中管理する交通管理システムや、渋滞を大幅に緩和するETC(ノンストップ自動料金収受システム)への取り組み、さらには、事故や落下物をセンサで検知し、後続車に知らせる突発事象検出システムなど、より快適で安全な車社会づくりを実現するためのシステムを次々と開発・提案しています。

交通管理システムのイメージ

安全性と生産性を同時に向上させる、新たなセキュリティソリューションを。

オフィスへの不法侵入、OA機器や機密データの持ち出し、コンピュータへの不正アクセス、そして相次ぐ企業情報の漏洩・・・、今、企業はリアルとサイバーの両面から見えない脅威にさらされています。オムロンは、社員証ICカードを用いた入退室管理システムや顔認証システム、車輌管理システムなどの個別システムの提供から、お客様のセキュリティ方針策定のサポートやリスクアセスメントなどのセキュリティマネジメントのご提案まで、幅広い要望に対応します。さらには、工場など製造業を対象にした新たなセキュリティソリューションでは、安全管理だけなく、生産性の向上も同時に実現するシステムを開発し、お客様の企業価値の最大化に貢献しています。

セキュリティソリューション